ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

早くも便乗!新元号「令和」を社名に採用した企業とは

alt

2019年5月からの新元号が「令和」に決まったが、早くもこの元号を冠した社名が登場した。「株式会社令和コンサルティング」(さいたま市中央区、藤岡壮志社長)がそれ。偶然ではなく、新元号発表を受けての「便乗」社名変更だ。4月1日の即日変更となる。

「先行者利益」でPR効果を期待か

旧社名は「YICコンサルティング株式会社」で、2012年7月の設立。経営コンサルティング事業や総合マーケティングリサーチ事業といった中小企業診断士業務を手がけている。2017年7月には中小企業経営力強化法の「経営力向上計画」に認定された。資本金は1000万円だ。さいたま市の本社のほか、東京都渋谷区に東京オフィスを置く。

同社は社名変更の理由について「改元という歴史的な節目を迎えるにあたり、当社としても更なる成長・発展を期して社名を変更することと致しました。これを機に、当社らしい新たなチャレンジを行っていきたいと考えております」と説明している。

令和コンサルティングに社名変更したYICコンサルティング(同社ホームページより)

慶応から始まり、明治、大正、昭和、平成と元号を冠した企業や教育機関は多い。令和を社名や校名に使うケースは続々と登場するだろうが、令和コンサルティングは現在確認できる限りでは一番乗りとなる。「先行者利益」で社名がマスコミに大きく取り上げられれば、PR効果は高い。

ただ、偶然「令和」を社名とする企業もすでに存在するかもしれない。その場合は話題をそちらに持っていかれる可能性もある。令和コンサルティングの「改元社名変更」の成果はいかに?

文:M&A Online編集部


M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

ネット社会のキャッシュレス化

ネット社会のキャッシュレス化

2019/02/05

スマホ経済圏では、キャッシュレスの決済手段としてさまざまな電子マネーが乱立していますが、1人のユーザーとして対応できるのも通常は2、3種類が限度ではないかと想定されます。いずれは数種類の電子決済に集約されるかもしれません。