ゲオホールディングス<2681>は高級時計やブランドバッグなどのリユース事業を手がけるおお蔵(福岡市)を完全子会社化した。ビデオやコミックなどのレンタル事業と並ぶ経営の柱である衣料、服飾雑貨などのリユース事業で高級ブランドを拡充するのが狙いだ。

ゲオホールディングスの2019年3月期は売上高2900億円(前年度比3.1%減)、営業利益125億円(同14.8%減)の見込み。ここに売上高127億7900円(同17.4%増)のおお蔵が加わるわけで、2020年3月期の売上高は3000億円の大台突破はほぼ確実。おお蔵の利益は公表されていないが、おお蔵の古賀清彦社長がホームページで「増収増益で業績を上げきた」としており、利益面でもプラスとなりそうだ。

ゲオホールディングスは2002年のそうご電器の完全子会社化から始まり、今回のおお蔵で主なM&Aは14社目になる。おお蔵が傘下に加わることで業績をどこまで伸ばせるのか。祖業のレンタル事業が今ひとつなだけに、リユース事業にかかる期待は大きい。

おお蔵の強い調達力を活用

ゲオホールディングスは「セカンドストリート」のブランドで、古着、服飾、スポーツ用品、家電、生活用品などのリユース事業を展開してきた。ただ高級ブランドについては専業他社に比べると優位性がないという。

一方、おお蔵は高級時計やブランドバッグのリユース卸売やオークション市場の運営などを手がけており、高級ブランドリユース商材に関して強い調達力を持つ。ゲオホールディングスは、おお蔵の調達力を活用し、幅広いリユース商材を揃えていく。

ゲオホールディングスのリユース事業は衣料や服飾を中心に買い取りや販売が好調に推移しており、店舗数は2018年12月末に前年度より37店増え621店になった。2019年3月期の当初営業利益予想は前年度比41.4%減の86億円だったが、リユース事業が貢献し減益率は26ポイントほど改善する見通し。

ゲオホールディングスは、おお蔵の傘下入りに伴う2020年3月期業績への影響は「精査中」という。どういう数字が出てくるのか。関心が集まる。

ゲオホールディングスの売上高推移(単位:億円)
ゲオホールディングスの営業利益推移(単位:億円)