おお蔵を傘下に収めた「ゲオ」はM&A上級者だった

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
セカンドストリートの店舗(ゲオホールディングスのニュースリリースより)

ゲオホールディングス<2681>は高級時計やブランドバッグなどのリユース事業を手がけるおお蔵(福岡市)を完全子会社化した。ビデオやコミックなどのレンタル事業と並ぶ経営の柱である衣料、服飾雑貨などのリユース事業で高級ブランドを拡充するのが狙いだ。

ゲオホールディングスの2019年3月期は売上高2900億円(前年度比3.1%減)、営業利益125億円(同14.8%減)の見込み。ここに売上高127億7900円(同17.4%増)のおお蔵が加わるわけで、2020年3月期の売上高は3000億円の大台突破はほぼ確実...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5