【株価】増配発表で急上昇に転じる

 株価は上下を繰り返しながらも上昇基調にある。2015年末に一時1600円台の高値をつけた。中小のタクシー会社を積極的に買収し規模を拡大していることや不動産分譲事業の好調が評価につながっている。

 2016年以降、株価は軟調に推移していたが、今年2月7日、年間配当を25円に増やすと発表したことをきっかけに株価が急上昇に転じている。増配は企業経営者が先行きの業績に対して自信を持っていることのシグナルといえ、今後の業績拡大期待で当面、株価は堅調に推移しそうだ。

【まとめ】M&Aで地域密着の総合生活産業へ

 中期経営計画では、「地域密着のタクシー事業、バス事業並びに不動産事業をベースにして、他業種との業務提携等を進め、快適な生活環境を創造するLANS(ローカル・エリア・ネット・サービス)カンパニーの確立を目指す」としている。タクシー事業については、大都市圏・地方主要都市圏を中心にM&Aを実施するため、意思決定の迅速化と経営責任を明確にするとある。今後もタクシーを足掛かりとし、周辺事業を展開していく地域密着性「総合生活産業」推進するため、第一交通にとってM&Aは重要な経営戦略といえるだろう。

 この記事は、企業の有価証券報告書などの開示資料、また新聞報道を基に、専門家の見解によってまとめたものです。

文:M&A Online編集部