M&A速報

第一交通産業<9035>、京阪電気鉄道<9045>からタクシー会社4社を取得

2010/10/01

第一交通産業は、京阪電気鉄道の子会社でタクシー事業の京阪タクシー(京都市。売上高13億2000万円)、宇治京阪タクシー(京都府宇治市。売上高7億2200万円)、大阪京阪タクシー(大阪府枚方市。売上高12億6000万円)、汽船タクシー(滋賀県大津市。売上高6億4000万円)の計4社の全株式を取得し、子会社化したことを発表した。

第一交通産業は京都府、滋賀県、福井県の営業エリアを拡大し、33都道府県からなるワイドネットワークにより競争力の強化を図る。

取得価額は非公表。取得日は2010年10月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【2019年M&A】件数トップは2年連続でソフィアHD|再上場のワールドは4件

【2019年M&A】件数トップは2年連続でソフィアHD|再上場のワールドは4件

2020/01/23

2019年の企業別のM&A件数(グループ内再編を除く)を集計したところ、ソフィアホールディングスの11件(中止2件を含む)が最多で、同社が2年連続でトップだった。2位は年間5件で、SHIFT、アイカ工業、第一交通産業、電通の4社が並んだ。

風向き変わるか 第一交通産業のM&A 

風向き変わるか 第一交通産業のM&A 

2019/04/24

2011年から2013年の3年間に22件のタクシー会社や事業を買収したあと、その後の5年間で4件と鳴りを潜めていた第一交通産業が、2019年に入って2月と3月にタクシー事業で2件のM&Aに踏み切った。M&A復活の狼煙(のろし)となるのか。

[タクシー業界のM&A]不透明な先行きと競争激化を背景に統合・提携へ

[タクシー業界のM&A]不透明な先行きと競争激化を背景に統合・提携へ

2017/05/09

規制に揺れるタクシー業界。不透明な先行きと競争激化を背景に、中小規模のタクシー会社の統合・提携が増えているようだ。

【第一交通産業】M&Aでタクシー最大手に 地域の「足」を支える

【第一交通産業】M&Aでタクシー最大手に 地域の「足」を支える

2017/02/09

第一交通産業は創業当初たった5台の車両しか持たなかった中小のタクシー会社でした。M&Aを繰り返し、今では8000台超を保有するタクシー最大手に成長しました。バスや不動産事業にも進出。地域に欠かせない総合生活産業を目指します。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア