【M&A戦略】 タクシー会社買収で地域拡大、周辺事業も開発

年  月     内容
1960年6月 一般乗用旅客自動車運送事業を営む目的で創業者、黒土始及びその家族で第一タクシー(第一交通産業に吸収合併)を設立
1964年9月 不動産関係事業等を営み、関係会社の管理統括指導を目的として第一通産(現 第一交通産業)を設立
1967年6月 宮崎県のすみれタクシー(第一交通産業に吸収合併)を買収し、宮崎県へ進出
1968年5月 鹿児島県の林田タクシー(第一交通産業に吸収合併)を買収し、鹿児島県へ進出
1972年11月 福岡県の大博タクシー(第一交通産業に吸収合併)を買収し、福岡市へ進出
1975年4月 不動産の賃貸、売買及び仲介を行うことを目的として、第一住宅(現第一ゼネラルサービス)を設立
1975年9月 大分県の大丸タクシー(第一交通産業に吸収合併)を買収し、大分県へ進出
1980年6月 熊本県のハナカゴタクシー(第一交通産業に吸収合併)を買収し、熊本県へ進出
1981年8月 山口県の日祥タクシー(現 徳山第一交通)を買収し、中国地区へ進出
1985年3月 長野県のマルキチタクシー(現 第一交通(松本))を買収し、中部地区へ進出
1986年2月 兵庫県の白浜タクシー(現 第一交通(姫路))を買収し、近畿地区へ進出
1988年2月 不動産の売買、賃貸借等を営む目的として、第一不動産情報センター(第一不動産に社名変更)を設立
1988年8月 佐世保市のエボシタクシー(第一交通産業に吸収合併)を買収し、長崎県へ進出
1991年9月 埼玉県のサン自動車交通(現 サン第一交通)を買収し、関東地区へ進出
1993年4月 第一通産は、九州内のタクシー28社と自動車学校1社、不動産2社を吸収合併し、第一交通産業へ商号変更
1993年11月 平和第一交通を吸収合併
1995年1月 宮城県のワカバタクシー(現 仙台第一交通)を買収し、東北地区へ進出
1995年4月 長尾交通を吸収合併
1996年1月 木屋瀬タクシーを吸収合併
1996年4月 第一タクシーを吸収合併
2000年4月 福岡証券取引所に株式を上場
2000年11月 北海道の定鉄観光(現 札幌第一交通)を買収し、北海道地区へ進出
2000年12月 徳島県の徳島南海タクシー(現 徳島第一交通)を買収し、四国地方へ進出
2001年3月 大阪・和歌山地区南海電鉄系タクシー子会社7社をM&A 大阪・和歌山へ進出
2004年7月 沖縄県の那覇交通より営業を譲受け、那覇バスにおいて路線バス事業へ本格参入
2004年10月 会社分割により当社のタクシー事業を当社100%子会社11社が分割承継
2005年4月 1単元の株式の数を500株より100株に変更
2006年9月 沖縄県の琉球バス㈱より営業を譲受け、㈱琉球バス交通において事業開始
2006年9月 第一メディカル㈱が医療法人湘和会の出資口を譲受け、医療分野へ進出
2007年9月 ヒノデ(現 ヒノデ第一交通)を買収し、千葉県へ進出
2010年5月 中華人民共和国に上海駐在所を開設
2010年10月 京阪電鉄系タクシー子会社7社を買収し、京都・滋賀・福井へ進出
2011年7月 沖縄の水仙タクシ-を子会社化
2012年1月 那覇バスターミナル株式会社を子会社化
2013年7月 沖縄のあづまタクシーを子会社化
2016年2月 長野県の相互タクシーを子会社化

 タクシー業界は、M&Aによる規模の経済が働きやすいため、過去から数多くのM&Aが行われてきた。また近年では、法令面で規制緩和からまた再規制の方向に動いており、事実上増車するためにはM&Aしか選択肢がない状態もありその勢いは加速している。第一交通もその例に漏れず、M&Aによって毎年約300台ずつタクシーを増やしてきた。その中でも直近10年の中で特筆すべきは京阪電気鉄道のタクシー事業の買収だ。

 2010年10月、第一交通は、京阪電気鉄道から子会社の京阪タクシー(車両数:217台)、宇治京阪タクシー(車両数:97台)、大阪京阪タクシー(車両数:138台)、汽船タクシー(車両数:111台)並びに、京阪タクシーの子会社である滋賀京阪タクシー(車両数: 58台、敦賀京阪タクシー(車両数:35台)、トラベル京阪の計7社(タクシー6社の総車両数656台)を完全子会社化した。これにより、第一交通グループのタクシー保有台数は7,251台となり、京都府、滋賀県、福井県の営業エリアが拡大した結果、33都道府県からなるワイドネットワークにより競争力の強化を図った。

 2014年3月期は、兵庫県相生市の相生神姫タクシー(18台)、長崎県佐世保市の三光タクシー(17台)、北海道函館市の寿ハイヤー(42台)、沖縄県うるま市のあづまタクシー(13台)、京都市の八光タクシー(146台)、和歌山市の湊タクシー(19 台)、兵庫県尼崎市の名神タクシー(32台)、福岡市の長住タクシー(33台)の買収並びに5社 (73台)からの事業譲受等による増加を含めて、前期比352台増加の7,683台とした。

 2015年3月期は、名古屋市の大宝タクシー(38台)、大阪市の南大阪 交通(128台)、広島市のつるみタクシー(29台)、福岡市西ビルタクシー(40台)の買収並びに1社(27台)からの事業譲受等 による増加を含めて、前期比2台増加の7,905台とした。

 2016年3月期は、福岡市の㈱西ビルタクシー(40台)ほか1社(21台)、松山 市の㈲富士タクシー(25台)ほか1社(9台)、堺市のロイヤルタクシー㈱(56台)ほか1社(42台)、武蔵野市 の㈱ユアーズ(30台)、函館市の美咲観光ハイヤー㈱(20台)、松本市の相互タクシー㈱(50台)の買収に並び4社(118台)からの事業譲受等による増加を含めて、前期比349台増加の8,264台とした。