第一交通産業は、那覇バスターミナル(沖縄県那覇市)の全株式を取得することを決議した。

那覇市の中心地、沖縄県の玄関口である那覇バスターミナルは1958年に設立した。同社は再開発の指定を受けているにもかかわらず、経済状況の変化などで再開発に着手できない状態が長年続いていた。第一交通産業が同社の株式を取得することにより、バスターミナルの機能を継続しながら再開発を進めることが期待される。

取得価額は非公表。取得日は2012年1月11日。