M&A速報

髙松コンストラクショングループ<1762>、不動産業のミブコーポレーションを買収

2018/04/02

髙松コンストラクショングループの子会社である髙松建設は、不動産業のミブコーポレーション(東京都渋谷区。売上高33億5000万円、経常利益2億8000万円)の全株式を取得し、子会社化した。

ミブコーポレーションは1980年創業で、東京都内の城南エリアで不動産事業を展開してきた。高松建設はミブコーポレーションの持つ各種情報を活用して建築工事の受注機会増を期待している。高松建設の売上高は数年前から首都圏が本社のある関西圏を上回っており、首都圏での受注拡大を打ち出している。

株式取得価額は非公表。

株式取得予定日は2018年4月2日。

M&Aデータベース

関連の記事

【2019年】東証上場を廃止した企業は?

【2019年】東証上場を廃止した企業は?

2019/12/31

2019年に東京証券取引所で上場廃止となった企業は42社を数える。前年に比べると19社少ない。産業界の潮流や栄華盛衰とも密接にかかるのが上場廃止の動向だ。「令和」のスタートを振り返ってみると。

ライザップ、傘下の戸建住宅・リフォーム事業を売却

ライザップ、傘下の戸建住宅・リフォーム事業を売却

2019/03/31

経営再建中のRIZAPグループは、連結子会社のタツミプランニング(横浜市)の戸建住宅・リフォーム事業を、中堅ゼネコンの高松コンストラクショングループに売却することを決めた。グループ会社・事業の売却は昨秋に構造改革に着手して以降、3件目。

【高松コンストラクショングループ】世界最古の企業からゼネコンまでM&Aで描く成長戦略

【高松コンストラクショングループ】世界最古の企業からゼネコンまでM&Aで描く成長戦略

2018/04/17

高松コンストラクショングループは関西発祥の中堅ゼネコン。2017年には協和銀行(現・りそな銀行)出身の吉武宣彦が社長に就任、翌年には中核企業の高松建設でオーナー一族の社長が就任するなど新体制づくりが進む。成長戦略の要は企業買収・合併(M&A)だ。

M&A速報検索

クリア