M&A速報

高松建設<1762>、ビルリノベーション事業のエムズを子会社化

2008/09/26

高松建設は子会社を通じて、ビルリノベーション事業のエムズ(東京都中央区。売上高26億2000万円)の株式90%を取得し子会社化したと発表した。

エムズの親会社であるみらい建設グループは2007年9月に民事再生法の適用を申請。高松建設はみらい建設グループ傘下のみらい建設工業やみらいジオテックのスポンサーとなることで合意していた。高松建設はオフィスビルや商業ビルのリノベーションを手がけるエムズも取得し、住宅のリフォーム・メンテナンス事業を主体とする子会社との相乗効果の創出を図る。

取得価額は非公表。取得日は2008年9月26日。

M&Aデータベース

関連の記事

【2019年】東証上場を廃止した企業は?

【2019年】東証上場を廃止した企業は?

2019/12/31

2019年に東京証券取引所で上場廃止となった企業は42社を数える。前年に比べると19社少ない。産業界の潮流や栄華盛衰とも密接にかかるのが上場廃止の動向だ。「令和」のスタートを振り返ってみると。

ライザップ、傘下の戸建住宅・リフォーム事業を売却

ライザップ、傘下の戸建住宅・リフォーム事業を売却

2019/03/31

経営再建中のRIZAPグループは、連結子会社のタツミプランニング(横浜市)の戸建住宅・リフォーム事業を、中堅ゼネコンの高松コンストラクショングループに売却することを決めた。グループ会社・事業の売却は昨秋に構造改革に着手して以降、3件目。

【高松コンストラクショングループ】世界最古の企業からゼネコンまでM&Aで描く成長戦略

【高松コンストラクショングループ】世界最古の企業からゼネコンまでM&Aで描く成長戦略

2018/04/17

高松コンストラクショングループは関西発祥の中堅ゼネコン。2017年には協和銀行(現・りそな銀行)出身の吉武宣彦が社長に就任、翌年には中核企業の高松建設でオーナー一族の社長が就任するなど新体制づくりが進む。成長戦略の要は企業買収・合併(M&A)だ。

M&A速報検索

クリア