M&A速報

アース製薬<4985>、ジョンソントレーディングを子会社化へ

2016/11/09

家庭用殺虫剤・家庭用品を扱うアース製薬は、ペット用品製造販売・園芸用品製造を展開するジョンソントレーディング(以下、「JTC」。売上:14億円、営業利益:8千万、純資産:2億円)を子会社化する。

アース製薬は、平成27年にニチリウ永瀬が保有するJTCの株式を35%取得し、今回発行済株式を30%追加取得しアース製薬の株式取得割合は65%になる。

JTCは、ペット用品分野においては「JOYPET」ブランドの製造販売、家庭用園芸用品分野においては犬猫用忌避「立入禁止」ブランドの製造販売により、両分野の草分け的存在である。本取引により、アース製薬はペット用品並びに家庭用園芸用品分野の成長を図る。将来的には、ペット関連事業を営むアース・バイオケミカル及びターキーとJTCの経営統合を行うことでペット事業の一元化を図る。

株式取得価額は5億円。

株式譲渡予定日は平成28年11月22日。

M&Aデータベース

関連の記事

【フマキラー】コロナ禍の中、好業績を背景に9年ぶりのM&A

【フマキラー】コロナ禍の中、好業績を背景に9年ぶりのM&A

2021/02/11

殺虫剤3位のフマキラーが、およそ9年ぶりにM&Aに乗り出した。同社はスイスの農薬・種苗大手シンジェンタの日本法人であるシンジェンタジャパン(東京都中央区)からフラワー事業(種子、挿し穂など)を取得すると2021年2月1日に発表した。

【アース製薬株式会社】「地球を、キモチいい家に。」 は 実現できるか

【アース製薬株式会社】「地球を、キモチいい家に。」 は 実現できるか

2017/07/20

『ごきぶりホイホイ』や『アースノーマット』、『モンダミン』等で有名なアース製薬は、殺虫剤などの衛生薬品の製造・販売を行い、フマキラー、エステー、小林製薬とともに日本を代表する日用品メーカーである。大塚製薬の傘下に入り、最近は国内外の企業とのM&Aや業務資本提携を積極的に進め海外展開を図る。株価もヒアリ特需が追い風となり右肩上がりだ。

【意外な子会社 】アース製薬がツムラのバスクリンを買収(2012年)

【意外な子会社 】アース製薬がツムラのバスクリンを買収(2012年)

2017/04/20

入浴剤で有名なバスクリン。2012年にアース製薬がツムラからバスクリンを買収。当時、老舗企業による老舗企業のM&Aと注目を集めた。

M&A速報検索

クリア