アース製薬は、WISE PARTNERSが運営するファンドが保有するバスクリンの株式及び新株予約権を取得し子会社化する。

バスクリンは、ツムラからツムラライフサイエンスとして分社化され、その後WISE PARTNERSの支援の下、MBOによりツムラから独立した。

取得する株式及び新株予約権は、それぞれ33,960株、7,000個(発行済株式に対する割合は80.7%、新株予約権の行使による希薄化を考慮した発行済株式に対する割合は、83.4%)。

取得価額は、15,000百万円から株式引渡時点の純有利子負債等の金額に応じて調整を加えた価額。