ポイントは4月4日、トリニティアーツ(以下「TA社」という)とNATURAL NINE HOLDINGS(以下「N9社」という)と、株式交換で経営統合し、同時に持株会社体制へ移行すると発表した。

今回の統合の第1フェーズは以下の通り。

・準備会社として4月4日にポイントが100%出資する完全子会社の新ポイント社を設立。

・ポイントを株式交換完全親会社とし、N9社を株式完全子会社とする本株式交換を6月4日付で実施。

第2フェーズは以下の通り。

・ポイントを株式交換完全親会社とし、TA社を株式交換完全子会社とする本株式交換を実施。

・ポイントが本吸収分割を実施。本件事業に関する権利義務を新ポイント社に承継させる。(持株会社体制へ移行)

・ポイントが商号を「アダストリアホールディングス」とする商号変更を実施。

ポイント株1株に対し、N9社株13.8株を、TA社株133.4株を割り当てる。

3社が統合することにより、幅広い顧客層と独自の商品企画機能を持つ企業グループを構築していき企業価値を大きく高めていく。