共英製鋼は、鉄鋼製品の生産・販売を手掛けるベトナムのビナ・キョウエイ・スチール(バリアブンタウ省。売上高約215億円、営業利益約6億2800万円)について、実質支配力基準により子会社化すると発表した。共英は現在同社の株式45%を保有しており、同社は共英の持分法適用会社。

ビナ・キョウエイ・スチールが製鋼・圧延一貫ラインを増設することを機に、電気炉や製鋼の運営ノウハウのある共英が同社の代表を継続的に指名することとなった。そのため、実質的支配力基準によりビナ・キョウエイ・スチールは共英の連結子会社となる。

異動日は2012年1月1日。