共英製鋼は、米国子会社を通じて、米国で鋼材の製造・販売を手がけるBD Vinton LLC(テキサス州。売上高153億円、純資産61億4000万円)の全持ち分を、米鋼材メーカーのBayou Steel BD Holdings, L.L.C.(デラウェア州)から取得したと発表した。

BD Vinton LLCは1962年設立で、棒鋼、鉱山向け鉱石粉砕用鉄球などの製造・販売を手がける。直近の製品販売量は20万トン。共英製鋼は海外鉄鋼事業を成長戦略の1つに掲げており、現在はベトナムで事業を展開する。今後の海外事業展開について検討した結果、米国のテキサス州から西海岸での鉄鋼事業が有望と判断した。新たな事業拠点を米国に置くことでグローバルネットワークの拡大と事業投資のリスク分散を図り、海外鉄鋼事業での収益基盤強化を目指す。

取得価額は約61億1000万円(アドバイザリー費用などを含む)。取得日は2016年12月21日。