現在の収録数 316社
【グリー】非ゲーム事業でM&Aも、巻き返しなるか

【グリー】非ゲーム事業でM&Aも、巻き返しなるか

グリーは、売り上げの大幅増加で得た多額の資金を元手に2011年6月期、2012年6月期に頻繁にM&Aを行っている。同社が行うM&Aは先行投資的なケースが多い。そのM&Aの手法とは?

記事を読む
【LIXILグループ】海外M&Aに翻弄されながらもM&Aで1兆円企業へ

【LIXILグループ】海外M&Aに翻弄されながらもM&Aで1兆円企業へ

トステムとINAXの統合、その後の子会社5社の合併を経てLIXILグループとなった。約14年で売り上げを2倍強にするには、M&Aを行わずには達成できなかったのではないか。その軌跡を辿る。

記事を読む
【ワタミ】介護事業撤退もリスク分散のM&Aで復活か? 今後に注目

【ワタミ】介護事業撤退もリスク分散のM&Aで復活か? 今後に注目

2015年10月2日、ワタミは「ワタミの介護」の売却を決めた。譲渡先は損保ジャパン日本興亜ホールディングス。ワタミのこれまでのM&A戦略を振り返る。

記事を読む
【ゼンショーホールディングス】アグレッシブなM&Aで年商5000億企業へ

【ゼンショーホールディングス】アグレッシブなM&Aで年商5000億企業へ

ゼンショーホールディングスは、弁当店が始まりである。M&Aは、ファミリーレストランのココスジャパンの買収から始まった。そのM&Aの軌跡とは?

記事を読む
【エア・ウォーター】(1)新事業をM&Aで買う攻めの経営で注目

【エア・ウォーター】(1)新事業をM&Aで買う攻めの経営で注目

エア・ウォーターは、近年、祖業以外の農業・食品関連事業へ本格参入へ。これまでのM&Aの道のりを辿る。

記事を読む
【セコム】新事業が祖業を逆転のM&A、今後の勝算は?

【セコム】新事業が祖業を逆転のM&A、今後の勝算は?

創業し、現在も同業界の首位の座を守っているセコム。セキュリティーサービス事業の売上高構成比は、現在6割弱にまで減らしている。セコムのM&Aを見つめてみる。

記事を読む
【SBSホールディングス】5年間で売上を8倍にした物流ベンチャーのM&A戦略とは?

【SBSホールディングス】5年間で売上を8倍にした物流ベンチャーのM&A戦略とは?

2015年で創業27年を迎えるSBSホールディングス。03年にM&Aに乗り出して以来、相次ぐM&Aで売上高は5年で8倍の1470億円を達成。業界上位5社入りを目標とするM&A戦略をたどる。

記事を読む
【サイバーエージェント】盤石なベンチャー企業の挑戦と変貌とは?

【サイバーエージェント】盤石なベンチャー企業の挑戦と変貌とは?

サイバーエージェントは、ブログサービス「Ameba」を主力事業とし、創業当初より「自らで事業を立ち上げ、自力で成長する」方針で事業拡大してきた。その成長戦略は?

記事を読む
【クックパッド】海外レシピ・サービス市場もM&Aで猛攻

【クックパッド】海外レシピ・サービス市場もM&Aで猛攻

2014年より世界の各言語圏でレシピ・サービスを買収し世界展開を本格化したクックパッド。国内最大級レシピ・サービスのM&A戦略と潤沢な現預金から生み出される次の一手は?

記事を読む
【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?

【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?

国内では既に知名度・店舗数ともに十分であり、ほかのコンビニエンスストアチェーン本部をM&Aで取得する必然性は薄い。高級路線の百貨店や、認知度の高い専門店の獲得など、業態の多様性を志向したM&A戦略から、次の一手を探る。

記事を読む
【パーソルホールディングス(旧:テンプスタッフHD)】「買わないリスク」を考えさせるM&A戦略

【パーソルホールディングス(旧:テンプスタッフHD)】「買わないリスク」を考えさせるM&A戦略

テンプスタッフは、積極的にM&Aを実行している企業の一つである。上場前から活発にM&Aを行っていたが、当時のM&Aは主にフランチャイジーを整理するためと見られる合併や買収であった。

記事を読む
【リゾートトラスト】M&Aによってメディカル・シニアライフ事業の強化を図り始める

【リゾートトラスト】M&Aによってメディカル・シニアライフ事業の強化を図り始める

リゾートトラストは、1973年に名古屋市中区に設立され、事業は大きく2つに分類される。会員制リゾート事業(会員権事業、ホテルレストラン事業、ゴルフ事業)とメディカル・シニアライフ事業(メディカル事業)の2つである。

記事を読む
【ソフトバンク】(1)M&Aの名手はどのように変革を遂げたのか

【ソフトバンク】(1)M&Aの名手はどのように変革を遂げたのか

1995年3月期。今から20年前の株式公開時には、売上が1,000億円に届いていなかったソフトバンク。それが2014年3月期にはなんと売上高6兆7,000億円、営業利益は約1兆円に達する日本を代表する巨大企業に成長した。M&A巧者の軌跡を追う。

記事を読む