現在の収録数 301社
【サカタのタネ】M&Aで世界にビジネスの「タネ」をまく

【サカタのタネ】M&Aで世界にビジネスの「タネ」をまく

サカタのタネが海外市場へ積極的に進出している。理由は新興国の人口増と食の西洋化に伴う洋食野菜の需要増だ。しかし、世界最大手の米モンサントが独バイエルに買収されるなど、業界地図は大きく変わろうとしている。サカタのタネはこの乱戦を生き残れるか。

記事を読む
【ヒノキヤグループ】M&Aの「魔術」で下請け工務店が一部上場

【ヒノキヤグループ】M&Aの「魔術」で下請け工務店が一部上場

2018年4月、桧家ホールディングスが「ヒノキヤグループ」に社名変更した。これに先立つ同年3月、同社は東証一部に上場している。創業からわずか30年で押しも押されもせぬ注文住宅会社となったヒノキヤグループ。急成長の原動力となったのはM&Aだった。

記事を読む
【ミライトHD】M&Aでフロンティアに挑む 「通信工事」の殻破るか

【ミライトHD】M&Aでフロンティアに挑む 「通信工事」の殻破るか

ミライトHDはNTT向けを中心とする通信工事業界3強の一角を占める。コムシスHD、協和エクシオに続く3番手だが、M&Aに関しては互角だ。M&Aを積極活用し、新エネや電気・空調設備、アジア市場など新事業領域を拡大してきた。

記事を読む
【国際石油開発帝石】石油価格下落、脱炭素化で「生き残る」方法

【国際石油開発帝石】石油価格下落、脱炭素化で「生き残る」方法

経済活動の源であるエネルギー資源。国際石油開発帝石は原油や天然ガスを探り当てる探鉱活動や買収した油田・ガス田の商業開発、採掘した原油・天然ガスを石油精製会社や電力・ガス会社へ販売するなど、エネルギーの「上流部門」と呼ばれる事業を担っている。

記事を読む
【高松コンストラクショングループ】世界最古の企業からゼネコンまでM&Aで描く成長戦略

【高松コンストラクショングループ】世界最古の企業からゼネコンまでM&Aで描く成長戦略

高松コンストラクショングループは関西発祥の中堅ゼネコン。2017年には協和銀行(現・りそな銀行)出身の吉武宣彦が社長に就任、翌年には中核企業の高松建設でオーナー一族の社長が就任するなど新体制づくりが進む。成長戦略の要は企業買収・合併(M&A)だ。

記事を読む
【大林組】海外事業優等生のゼネコンが抱える「ユウウツ」とは?

【大林組】海外事業優等生のゼネコンが抱える「ユウウツ」とは?

大林組は2011年から海外で積極的なクロスボーダーM&Aを展開し、短期間のうちに海外事業を拡大してきた。現在、大林組の海外売上比率は約25%と、国内ゼネコンでもトップクラス。「グローバル展開の優等生」といえる。そんな優等生も大きな課題を抱えている。

記事を読む
【鹿島】今度こそ海外事業で失敗しない!生き残るためのM&A

【鹿島】今度こそ海外事業で失敗しない!生き残るためのM&A

鹿島が海外M&Aを加速している。国内では人口減少や経済規模の縮小などで建設市場の拡大が見込めず、成長が期待できる海外で活路をひらくためだ。しかし、鹿島には海外事業で苦い経験がある。建設業界の名門企業が乗り出した海外M&Aの針路を探る。

記事を読む
【住友林業】M&Aで海外住宅事業が大ブレイク!

【住友林業】M&Aで海外住宅事業が大ブレイク!

住友林業は2009年以降、豪州で2社、米国で4社の住宅メーカーを矢継ぎ早に傘下に収めた。海外での年間住宅販売は9000棟に迫り、数量では国内販売を上回る。その海外住宅事業は今や全売上高の四分の一を占めるまでに大躍進した。快進撃はどこまで続くのか。

記事を読む
【大和ハウス工業】電力小売りから介護、ロボットまで、M&Aで事業の多角化を進める

【大和ハウス工業】電力小売りから介護、ロボットまで、M&Aで事業の多角化を進める

一風変わったテレビCMで有名な大和ハウス工業。戸建住宅や賃貸住宅、商業施設などのコア事業だけでなく、スポーツジムやクレジットカード、電力小売りから介護、ロボットまで幅広く買収、出資、提携を繰り広げている。事業の多角化と、事業別の売上高と営業利益の推移、資産構成の変化などを見てみる。

記事を読む
【積水ハウス】海外市場の開拓に注力 M&Aも視野に

【積水ハウス】海外市場の開拓に注力 M&Aも視野に

積水ハウスが海外市場の開拓に力を入れている。第4次中期経営計画(2018年1月期-2020年1月期)で新たな事業の柱として「国際ビジネス」育成の方針を打ち出したためで、中期経営​計画がスタートした直後にM&Aを実施し、米国での住宅販売事業に参入した。

記事を読む
【協和エクシオ】4社の経営統合でどう変わるのか

【協和エクシオ】4社の経営統合でどう変わるのか

協和エクシオが2018年10月1日にシーキューブ、西部電気工業、日本電通と経営統合した。電気通信工事市場が縮小傾向にあるため、工事の採算性を改善し安定した収益を確保するのが狙いだ。

記事を読む