敵対的買収を仕掛けられたユニゾHDー買収価格の妥当性は?

TOB合戦の経緯

HISによる敵対的買収は不成立に

ホテル・オフィス賃貸事業のユニゾホールディングス<3258>が市場の注目を集めています。事の発端は7月10日に同社の筆頭株主(4.79%)であったエイチ・アイ・エス(HIS)<9603>が敵対的TOB(株式公開買い付け)を開始したことでした。

HISによる提示価格は1株3100円で、公表前の株価は前日9日終値1990円、直近3か月平均1861円、直近6か月平均2002円と2000円前後のレンジで推移していたため、市場株価に対して約56%(対6か月平均)~66%(対3か月平均)のプレミアムであり、近時のバイアウトTOBのプレミアムとしてはむしろ高めのプレミアムといえる水準です。

ところが、市場はこれを「それまで過度に安く放置されていた同社の株価が適正株価に修正されるチャンス」ととらえた模様で、公表の翌週7月16日にはTOB提示価格を超える3500円に達し、以後HISの提示価格を下回ることはありませんでした。

この株価推移を背景に、当初7月23日のプレスリリースでは賛否を留保していたユニゾHDは8月6日に反対の意見を公表し、その理由の一つに提示価格が安すぎるということを主張しています。

株式会社エイチ・アイ・エスによる当社株券に対する公開買付けに関する意見表明(反対)のお知らせ

さらに8月16日、ホワイトナイトとしてソフトバンクグループ系投資会社のフォートレスが1株4000円での対抗TOBを開始し、ユニゾが賛成を表明すると、HISはこれに対抗して価格を引き上げることを断念し、8月23日にHISによるTOBは不成立で終了となりました。

対抗TOBのフォートレスも不成立の公算大

フォートレスによるTOBはHISの提示価格を上回るものの、現在の市場株価に対してはディスカウントでの提示であるため、10月17日の期限までに応募がないことが見込まれ、同様に不成立に終わると見込まれています。

そうした中、米大手投資ファンドのブラックストーンが5000円での買収を提案したことから、ユニゾHDはフォートレスに同額へのTOB価格引き上げを打診したものの、回答がないことから、9月27日、賛成を撤回、賛否留保とするリリースを公表しました。

サッポロ合同会社(フォートレス・グループ)による当社株券に対する公開買付けに関する意見表明(保留)の概要

その後、さらに国内系ファンド(非公表)である新たな第三者からも4500円~5000円での買収提案がありましたが、ユニゾHDはブラックストーンの提案についてもも国内系ファンドの提案についても、条件面で折り合わないことを理由に反対を表明しています。

第三者による当社買収提案に係る検討結果の概要

本原稿執筆時点の10/12時点では、以上のような状況となっておりますが、結局のところ市場が納得する買収価格はいくらなのか、ということが今後のユニゾHDの運命を決定すると考えられます。

そこで、ユニゾHDの適正株価と市場の納得する提示株価について考えてみたいと思います。