ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【今週のピックアップ】敵対的TOBが活発に?

alt

株式取得をめぐる攻防戦の動きが表面化した。「夏の陣」に発展するのだろうか。

7月10日、旅行大手のHIS(エイチ・アイ・エス)がオフィスビル賃貸事業とビジネスホテル事業を手がけるユニゾホールディングスに対し、株式公開買付け(TOB)を開始すると発表した。

これを受け、ユニゾは「何らの連絡もなく一方的かつ突然に行われたものであり、情報を精査した上で、速やかに当社の見解を公表する」とのコメントを発表した。ユニゾの対応次第では今回のTOB敵対的買収に発展する可能性もある。

今年、大きなニュースになったのが伊藤忠商事によるデサントへの敵対的TOB。大手企業同士による敵対的TOBは異例とされた。

敵対的買収の記事をまとめてみると・・・

敵対的買収の記事>

・HIS、オフィス賃貸・ホテル運営のユニゾHDに426億円投じTOB 「敵対的」の可能性も 2019-07-10 → 記事はこちら

・さくら総合リートが合併に反対 初の敵対的買収となるのか? 2019-05-31 → 記事はこちら

・廣済堂TOB終了、残るは「対抗TOB」の行方 2019-04-09 → 記事はこちら

・デサント・伊藤忠、TOB終了で再協議へ 2019-03-19 → 記事はこちら

・【敵対的TOB】デサント対伊藤忠だけではない、過去にこんな例も 2019-02-09 → 記事はこちら

・敵対的TOBでデサントの株価は割高か? 2019-02-08 → 記事はこちら

・ソレキアの敵対的TOB ホワイトナイトに富士通登場 漁夫の利を得た一般株主 2017-03-19 → 記事はこちら

<専門家に聞く>

・再考・買収防衛策と株式持ち合い 2019-07-03 → 記事はこちら

・デサントへの「9%の敵対的TOB」成立の意義 2019-03-15 → 記事はこちら

<一般投資家向け>

・保有株式が公開買付(TOB)の対象となったらどうすればいい? 2019-07-08 → 記事はこちら

・【解説】M&Aと株価の関係は 2019-05-22 → 記事はこちら

・M&A用語の歴史 その3 ライブドア/ニッポン放送の買収合戦 2016-09-15 → 記事はこちら

・「TOBってなあに? もうかるの?」2016-08-01 → 記事はこちら

まとめ:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

伊藤忠のデサントへの「敵対的TOB」が開けたパンドラの箱 ―ユニゾHDへの事前同意なき「イキナリTOB」に関する考察―

伊藤忠のデサントへの「敵対的TOB」が開けたパンドラの箱 ―ユニゾHDへの事前同意なき「イキナリTOB」に関する考察―

2019/07/12

不動産事業、ホテル事業のユニゾホールディングスに対して、旅行代理店大手でホテル事業にも力を入れているエイチ・アイ・エスが株式公開買付を開始した。この後仮に「反対」の意見が表明されることになれば、対デサントに続き2件目の敵対的買収となる。