「大阪ワクチン」開発中のアンジェス、株価が伸び悩んでいる理由

alt

「大阪ワクチン」こと、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの開発を進めているアンジェス<4563>の株価がさえない。臨床試験の「出口」も見えるなど、国産ワクチン開発で最も注目されているアンジェス株が、なぜ投資家の評価を得られないのか?

一時は2500円近い高値をつけたが…

2020年2月28日には375円まで下げたアンジェス株だが、3月5日に「新型コロナウイルス感染症に対するDNAワクチンの共同開発」を発表。4月14日には吉村洋文大阪府知事が「7月に治験が始まり、9月には実用化を目指す」と、同社のワクチン開発に大きな期待を示したことから株価が高騰した。6月26日には2492円の年初来高値をつけている。

しかし、その後は株価が低迷。11月20日には大阪大学と共同開発中のワクチンについて第2/3相臨床試験を開始するめどがついたと発表したものの、株価は続落した。12月8日には開発中のワクチンで投与対象を増やした臨床試験(治験)でのワクチン接種を始めたと発表し、同日の終値は44円高の1331円となった。それでも年初来高値の半値に近い水準に留まっている。なぜか?

理由1 ワクチン開発で出遅れた

すでに米ファイザーや英アストラゼネカが第3相臨床試験を終え、ワクチンの出荷を始めている。早ければ年内にも一部で接種に入るようだ。一方、アンジェスは7月にワクチンの第3相臨床試験に入る予定だったが、実際には11月に第2/3相臨床試験が始まり、2021年3月頃に試験接種が完了するという。1万~数万症例を対象にした最終段階の第3相臨床試験が始まるのはそれからだ。

臨床試験が進むアンジェスの新型コロナワクチン(同社ホームページより)

毒性の強い抗がん剤では第2相臨床試験で有効性が認められた時点で承認申請するケースもあるが、すでに第3相臨床試験をクリアした製品が存在するコロナワクチンで認められる可能性は低いだろう。第3相臨床試験中ながらロシアで大量摂取が始まった同国製ワクチン「スプートニクV」も、安価ながら西側先進国で導入の動きがない。

アンジェス製ワクチンの出荷は2021年後半以降になる可能性が大きい。その頃にはファイザーはじめ外国産ワクチンの輸入が本格化しているだろう。国産で最も開発が進んでいるとされるアンジェスのワクチンだが、発売される頃には先行する欧米製のワクチンが普及しており、もはや「出番がない」かもしれない。

NEXT STORY

「モロゾフ」「名糖産業」チョコレート関連上場2社に回復の兆し

「モロゾフ」「名糖産業」チョコレート関連上場2社に回復の兆し

2020/12/08

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴って一時は赤字転落が危惧されていたモロゾフと、名糖産業のチョコレート関連上場2社の業績が回復傾向を示している。巣ごもり消費による需要の増加などが背景にある。