日産自動車<7201>のカルロス・ゴーン前会長が東京地検特捜部に逮捕されて半月。当初の「押せ押せ」ムードは徐々に薄れ、仏ルノーの影響力を一掃するのは難しい状況になってきた。このうえ、ゴーン前会長が処分保留のまま釈放されるようなことがあれば、「ルノー排斥」の大義名分は地に堕ちる。

交渉の「妥協点」はどこに?

日産、ルノー、三菱自動車工業<7211>の3社連合を維持することだけは合意しているが、現状のままなのか出資比率を含む関係の変化があるのかすら決まっていない。ゴーン会長解任の取締役会では、ルノーが新会長の派遣を求めたが日産は拒否。日産の会長選びは暗礁に乗り上げている。

ルノーは逮捕されたゴーンCEOを解任せず、事態を見守る

このままではルノーに押し切られかねない。少なくとも「現状維持」では日産の負け。どのような形であれ、ルノーとの関係を変えなくてはいけない。そこで、日産が取りうるルノーとの交渉プランを提案してみよう。なかでも最善の策は…。