トップ > ビジネスと経済 > 不祥事 >ソフトバンク級の通信障害でも困らない「最低限の自己防衛」とは

ソフトバンク級の通信障害でも困らない「最低限の自己防衛」とは

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

12月6日13時39分ごろから18時4分までの間、全国でソフトバンクや同社系列のワイモバイルの4G(LTE)携帯電話サービスで大規模な通信障害が発生した。原因は懸念されていたサイバーテロではなく、エリクソン製交換機のソフトウエアの異常だった。交換機のソフトウエア異常となれば、また起こりうる。さらには他キャリアにとっても対岸の火事ではない。

今回の通信障害では「メールが送れない」「2次元バーコードの表示ができない」「地図アプリが使えない」「電話ができない」など、スマートフォンユーザーが頭を抱える事態が多数発生した...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY