トップ > ビジネスと経済 > 不祥事 >徹底抗戦を挑む「逆襲のゴーン」に、日産自動車は対抗できるか?

徹底抗戦を挑む「逆襲のゴーン」に、日産自動車は対抗できるか?

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

2018年11月19日にカルロス・ゴーン日産自動車<7201>前会長が、東京地検特捜部に金融商品取引法(金商法)違反容疑で逮捕されて1週間。ようやくゴーン前会長や同時に逮捕されたグレッグ・ケリー前代表取締役の供述内容が伝えられるようになってきた。

日産側からは金商法違反に加えて会社経費の不正流用などのリーク情報が盛んに報道されているが、2人とも容疑を全面否認しており日産・地検側とゴーン前会長側の「全面対決」の様相を呈している...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY