トップ > ビジネスと経済 > 不祥事 >日産ゴーンで終わるのか?ワンマン経営者の「戦々恐々」が始まる

日産ゴーンで終わるのか?ワンマン経営者の「戦々恐々」が始まる

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

日産自動車<7201>のカルロス・ゴーン会長が自社経営陣からの内部告発で東京地検特捜部に逮捕された事件は、企業経営者にも衝撃を与えそうだ。逮捕容疑は自らの報酬を約50億円も過少に申告させた金融商品取引法違反だが、その他にも日産の子会社を通じて会社の資金を私的流用した疑惑もあるという。

コンプライアンスで「全く無傷」のワンマン経営者は少ない

しかし、こうした「不祥事」は世間でよく聞く話だ。事件にはならなくても大手企業で経営者の不正を糾弾する「怪文書」が出回ったり、ネットで書き込まれるという事態も決して珍しくない...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY