吉本興業の岡本昭彦社長が7月22日に緊急会見を開きました。

一部芸人が反社会的勢力から出演料として金銭を授受した問題に絡み、宮迫博之さんと田村亮さんが同社を通さず謝罪会見を強行。会見の中で、岡本昭彦社長が「テープは録ってないだろうな」「会見をすれば、全員クビにする」などと、脅しともとれるような発言をしたと暴露しました。それに対して、業界内外から激しい議論が巻き起こりました。

会社側の会見で岡本社長は50%の減俸、2人の処分は撤回するとしました。しかし吉本興業の会見は遅きに失した上、その内容も人々の不信感を払しょくするものではありませんでした。芸能プロダクションに必須な危機管理、情報開示が何一つうまくいっていませんでした。

同社は2009年まで上場しており、MBOを実施して非上場化しています。吉本興業とはいったいどのような会社なのでしょうか?

吉本新喜劇
根強い人気の吉本新喜劇(画像はプレスリリースより)

資本準備金から116億3600万円を取り崩し

直近の純利益(2018年3月期)は7億1000万円でした。売上高は公表していません。

バランスシートを見てみましょう。

2018年3月期の時点での流動負債は188億4300万円。一方、流動資産は49億6300万円。簡単に説明すると、これは1年以内に支払わなければならないお金が188億4300万円なのに対し、1年以内に現金化できる資産が49億6300万円しかないことを示しています。同社はこれまで積み立てたお金である資本準備金など241億円から、116億3600万円を取り崩している状態です。

実はこの会社、上場していた2009年3月期までは流動資産である現金が124億円、利益剰余金が280億円も積みあがっていた超優良企業でした。

そのときの業績を見てみましょう。

決算2009年3月期
売上高488億7100万円
営業利益43億5700万円
経常利益40億2200万円
純利益6億1200万円

有価証券報告書より

この時の流動資産は264億6100万円、流動負債は133億9900万円。固定資産は352億7600万円、固定負債は32億4800万円でした。バランスシートも健全な状態が保たれています。

吉本興業は多数の不動産を所有しており、固定資産が膨らんでいるのはそのためです。なんばグランド花月(吉本会館)や、その向かいにあるYES NAMBAビルは土地も含めてすべて所有しています。YES NAMBAは、もっとも資産価値が高く、2009年3月期の時点で、帳簿価格は60億2900万円となっています。

不動産を多数所有しているとはいえ、売上の構成比率では制作の割合が圧倒的に高くなっています。制作とはタレントの出演料や番組制作を指します。事業はグッズや映像作品などの商品販売のことです。

※百万円

セグメント 売上高 割合
制作 43,780 89.6%
不動産 1,302 2.7%
事業 3,788 7.8%

エンターテインメント事業でしっかり稼いでいた吉本興業。潮目が変わったのは、2009年のMBOでした。