トップ > ビジネスと経済 > 不祥事 >海外子会社におけるガバナンスの勘どころ しっかり学ぶM&A基礎講座(64)

海外子会社におけるガバナンスの勘どころ しっかり学ぶM&A基礎講座(64)

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

M&Aにより傘下に置かれた海外子会社における不正やコンプライアンス違反を防止するのも親会社の責務といえます。ただし、子会社管理の対象は広範囲に及ぶため、一定の権限委譲のもと管理体制を構築していくのが現実的です。今回はそうした海外子会社におけるガバナンスの主要ポイントを確認してみたいと思います。

コンプライアンスに関する検討項目は多岐にわたる

海外子会社の管理体制に関するチェック項目の一例として「在庫処分を行った際の廃棄証明書を閲覧する」というものがあります...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY