2019年4月11日、宇宙開発ベンチャーのアストロスケールホールディングス(HD)は3000万ドル(約33億円)の資金調達に成功したことを明らかにした。「シリーズD」ラウンドの追加調達という位置付けで、INCJ、東京大学協創プラットフォーム開発、三井住友トラスト・インベストメント、エースタートなどから出資を受けている。

累計で166億円を超える調達に成功

ちなみに「シリーズD」は、プロダクト(商品・サービス)がアイデア段階の「シード」、ベンチャーキャピタルなどが最初に出資する段階の「シリーズA」、プロダクトやビジネスモデルが確立しつつある段階の「シリーズB」、ビジネスモデルとしてはほとんど完成しており、継続的な改善で事業をブラッシュアップしていく段階の「シリーズC」に続く投資ラウンドになる。

「シリーズC」以降のベンチャーは上場も視野に入るため、「シリーズD」レベルにあるアストロスケールは投資家から注目されている。同社の「シリーズA」ラウンド以降の累積調達額は、約166億3100万円となった。

アストロスケールのプロダクトは、宇宙に漂う「スペースデブリ(宇宙ゴミ)」の除去。スペースデブリは耐用年数が過ぎて機能停止したり、事故や故障によって制御不能になったりした人工衛星のほか、打ち上げに使われたロケット本体やその部品、破片などの人工物を指す。1cm以上の大きさのものだけでも現在約75万個、合計4500トンを超えるスペースデブリが地球上空の軌道を周回しているという。

アストロスケールHDの資金調達
資金調達日 投資ラウンド 調達額* 出資者
2015年2月16日 シリーズA 9.13 Mistletoe / ジャフコ / 小澤隆生 / 山岸広太郎 / 村⽥マリ / 笠原健治 / 西川潔 / 諸藤周平 / 谷家衛 / 金田修
2016年3月1日 シリーズB 39.37 INCJ / ジャフコ
2017年7月16日 シリーズC 28.38 ANAホールディングス / INCJ / エースタート / オーエスジー / ジャフコ / 三菱UFJキャピタル
2018年10月31日 シリーズD 56.43 INCJ / SBIインベストメント / SMBCベンチャーキャピタル / みずほキャピタル / エースタート / コーエーテクモキャピタル / ジャフコ / 三菱地所
2019年4月11日 シリーズD 33 三井住友トラスト・インベストメント / 平尾丈 / 東京大学協創プラットフォーム開発

(*当時の為替レートに基づく金額、単位=億円。個人名は敬称略)