「無印良品」を展開する良品計画<7453>の業績に、黄色信号が灯りました。2019年2月期の売上高は、前期比7.9%増の4096億9700万円と堅調だったものの、営業利益は1.2%減の447億4300万円。前期実績を下回るのは2011年2月期以来です。原因は従業員を増強してサービスの拡充を図ったものの、主力の生活雑貨が苦戦したため。無印良品は価格勝負に陥る生活雑貨市場から抜け出し、食品部門強化へと軸足を移しています。

7期連続の二桁増益から一転して減益へ

無印良品のコーヒー
オーガニックコーヒーも販売開始

良品計画は2012年2月期から二桁増益を続けていました。直近5期と今期の計画はこのようになっています。

決算売上高営業利益経常利益
2020年2月期(予想)4620億円(12.8%増)485億円(8.4%増)487億円(6.2%増)
2019年2月期4096億9700万円
(7.9%増)
447億4300億円
1.2%減
458億6100万円
0.3%減
2018年2月期3795億5100万円
(13.9%増)
452億8600万円
(18.3%増)
459億8500万円
(19.2%増)
2017年2月期3332億8100万円
(8.4%増)
382億7800万円
(11.1%増)
385億8200万円
(18%増)
2016年2月期3075億3200万円
(18.2%増)
344億3900万円
(44.4%増)
327億円
(22.9%増)
2017年2月期2602億5400万円
(18%増)
238億4600万円
(14%増)
266億200万円
(15.4%増)

決算短信をもとに筆者作成

本業での儲けを示す営業利益が、2019年2月期に急ブレーキがかかっているのがわかります。理由は2つあると考えられます。一つは店頭人員充足率安定のためのスタッフ増強による、人件費のアップ。もう一つは値下げを強行したことで、客単価が下がったことです。

同社は2019年2月期の取り組みとしてスタッフを強化し、店頭での販売力向上を図っていました。

良品計画「店頭人員充足率」
決算説明資料より「店頭人員充足率」

2017年の店頭人員充足率は、90%台前半にとどまっています。しかしながら、2018年に入って100%を上回り、それを維持しています。2019年に入って若干落ち込んでいますが、これは学生アルバイトが卒業により抜けたもの。すぐに回復する見込みです。

インテリアアドバイザーなど、専門販売員も拡充を図っています。2018年上期末でインテリアアドバイザーは150人。2014年と比較して62人増加しています。相談件数が昨年比120%増加するなど、販売力の底上げを行っています。

良品計画決算説明資料
決算説明資料より