ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

東南アジアで電気自動車を売る日本企業FOMMってどんな会社?

alt

日本でも成り立つFOMMのビジネスモデル

そのほか電機大手の富士通<6702>とも、いつでもどこでもユーザーが簡単にEVの電池を交換できる「バッテリークラウドサービス」の共同開発に取り組んでいる。タイでようやく1号モデルの量産を始めるベンチャーとしては、破格の待遇といえるだろう。その理由は、日本でも十分に成り立つFOMMのビジネスモデルにある。

FOMMの車両には水上移動に加えて、運転者による踏み間違い事故を未然に防ぐ新操作系「ステアリング・アクセル」を採用。超小型EVだけに車体は小さく、取り回しが容易で高齢者でも運転しやすい。高齢者による悲惨な交通事故が起こるたびに「高齢者に運転させるな!」との世論は盛り上がるが、公共交通機関だけで生活できる地域はごくわずか。

とりわけ過疎地では公共交通機関が廃止または大幅減便され、地元商店街も衰退。高齢者だけの世帯が自家用車なしに生活することは不可能に近い。従来の乗用車に替わる高齢者向けのモビリティー(移動手段)が必要になる。つまり、まもなく「団塊の世代」が後期高齢者となり、本格的な高齢化社会に突入する日本では「大いなるビジネスチャンスがある」といえるのだ。

超小型EVは高齢者人口が急増している日本でもニーズが期待できる(同社ホームページより)

地域電力会社の四国電力がFOMMに出資したのも、四国地方で高齢化が進んでいるため。四国電力はFOMMへの出資により、地域社会に適した新たなモビリティー・サービスの実現やEVを活用した新たな電力ビジネスの構築といった新事業展開を狙う。

さらに大きな展望も見えてきた。60万台以上のEVが販売されている中国市場だ。2019年4月、FOMMは中国三大自動車メーカーの一つである上海汽車グループの上海匯衆汽車製造有限公司とEVプラットフォーム共同開発契約を締結した。

中国製EVのほとんどは現地中小企業が生産する超小型EV。だが、中国製の超小型EVは品質問題を抱えており、現地行政が規制強化に乗り出している。とはいえ中国の大手自動車メーカーに超小型EVのノウハウはない。そこで高品質の超小型EVを開発するFOMMとの提携を選んだのだ。

中国市場が射程に入ったことで、国内外の企業からFOMMへの出資の動きはさらに加速するだろう。今後、どのような企業がFOMMと手を組むのか。ますます目が離せないEVベンチャーとなりそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

トヨタがハイブリッド特許開放で目指す「サプライヤーへの道」

トヨタがハイブリッド特許開放で目指す「サプライヤーへの道」

2019/04/06

トヨタ自動車が2019年4月3日、2万3740件に及ぶHV技術の特許実施権を無償提供すると発表した。併せてシステム販売にも参入する。EVの台頭や超省エネエンジン車などの相次ぐ発売で存在意義がゆらぐHV。トヨタのオープン戦略の真の目的は何か?