ワタベウェディング、「コルゲン」「キャベジン」で知られる興和の傘下で再建なるか?

alt
ワタベウェディングの都内店舗で

婚礼大手のワタベウェディングが医薬品製造などを手がける興和(名古屋市)の傘下で再建を進めることが正式に決まった。興和といえば、CMなどでおなじみの市販薬「コルゲンコーワ」「キャベジンコーワ」で広く知られる。海外リゾート挙式で一時代を画したワタベとは異色の組み合わせに見えるが、果たして再建の道筋は?

20億円を投じ、ワタベを完全子会社化

ワタベウェディングは5月28日開いた臨時株主総会で興和の傘下入りを決議した。ワタベは興和を引受先とする第三者割当増資を行い、20億円を調達する。ワタベは興和の完全子会社となり、6月末に東証1部への上場が廃止となる。

昨年来の新型コロナウイルス感染拡大が婚礼需要を直撃。渡航制限の影響で主力の海外リゾート挙式が行えず、国内の挙式も延期やキャンセルが続出した。また、ホテル雅叙園東京、メルパルクのホテル事業も利用者が大きく落ち込んだ。

2020年12月期の最終損益は117億円の大幅赤字に転落(前期は7億円の黒字)し、8億6000万円の債務超過に陥った。業績悪化に歯止めがかからない中で、今年3月に私的整理の一種である事業再生ADR(裁判外紛争処理解決手続き)の活用を申請。3月末時点では債務超過額が64億円まで膨らんだ。

ワタベウェディングが運営する「ホテル雅叙園東京」(東京・目黒)

ADRは過大な債務を負った事業者が法的整理手続きによらず、金融機関など債権者の協力を得ながら早期再建を目指す制度。5月27日にあった3回目の債権者会議でADRに基づく事業再生計画が成立した。

三菱UFJ銀行、京都銀行、日本生命保険など金融機関6社による約90億円の債権放棄(総額の約49%)を軸とする内容で、債権放棄後の残債務についてはスポンサー支援を行う興和が連帯保証する。この再生計画の成立を受けて28日、臨時株主総会が開かれ、興和の傘下入りが正式に承認されたのだ。

そこで、改めて注目されるのがワタベを完全子会社化する興和。どういった会社なのか。また、どんな事業上の相乗効果が期待されるのか。

NEXT STORY

ブライダル企業「経営危険度ランキング」超大手も苦境に

ブライダル企業「経営危険度ランキング」超大手も苦境に

2021/04/16

下記のブライダル企業経営危険度ランキングは、経営の安全性を見る3つの指標(自己資本比率、流動比率、総支払利息比率)をまとめたものです。業界基準値から差異をスコアリングして危険度を算出してみました。