ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

​レオパレスとユニゾに活発な動き 前澤氏は10回以上提出「2019年の大量保有報告書」 

alt

ユニゾは従業員による買収で非上場に

一方、ユニゾホールディングス(HD)については、旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)<9603>がユニゾ株の45%保有を目的に実施したTOB株式公開買い付け)が不成立に終わった8月から動きが活発化した。

HISのあと、米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループが新たなTOBによる買い付けを10月1日まで行う中、エリオット・インターナショナル・エルピー、いちごアセットマネジメント・インタ-ナショナル・ピ-ティ-イ-・リミテッド、野村證券の3社が新規に株式を保有。その後エリオットは4度買い増し、翌月の9月にも3度買い増した。

その後は大きな動きは見られないものの、ユニゾHDを巡ってはフォートレスがTOB期間を9度延長し、2020年1月8日まで買い付けを行っているほか、10月に米投資ファンドのブラックストーンがユニゾHDとの合意を条件にTOBを提案し、現在もTOBの実施について検討を行なっている。

ユニゾHDが11月24日に公表した資料によると、ユニゾHDはフォートレス、ブラックストーンのほか国内外のファンド5社、国内事業会社1社の合計6社とTOBに向けた協議を行っていた。

そのユニゾHDは12月22日に、従業員による買収(EBO=エンプロイー・バイアウト)を実施して非公開化すると発表した。従業員と米投資ファンドのローン・スターが出資する新会社がユニゾに対してTOBを行い、全株式の取得を目指すことになった。

このほかにも7月に、米の卸しを手がける神明ホールディングスが33%ほどを保有していた回転寿司チェーンのスシローグローバルホールディングス<3563>株を2度売却し、保有割合を6.56%に引き下げた。神明ホールディングスは傘下の元気寿司とスシローとの経営統合を計画していたが、統合効果が期待できないことから資本業務提携を解消した。

また、Zホールディングス<4689>によるZOZOの子会社化に伴って、ZOZO創業者の前澤友作氏がZOZO株の保有割合を11月20日に41.16%から17.51%に引き下げた。前澤氏は2019年に10回を超える大量保有報告書を提出したが、多くは保有するZOZO株を証券会社などに担保に差し出す案件だった。

2019年(1月1日-12月24日)の大量保有報告書の提出件数は1万1205件で、このうち株式の保有割合を増やしたのが3103件、新規保有が2029件、保有割合を減らしたのが5242件、契約の変更などが831件だった。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

前澤氏のZOZO株保有割合が半分以下に  小僧寿しで活発な動きも

前澤氏のZOZO株保有割合が半分以下に 小僧寿しで活発な動きも

2019/12/03

2019年11月の大量保有報告書の提出件数は982件で、このうち株式の保有割合を増やしたのが220件、新規保有が153件、保有割合を減らしたのが544件、契約の変更などが65件となり、増加と新規の合計が減少を171件下回った。

関連のM&A速報

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5