ライブ・エンターテインメント施設の運営、テレビ番組の制作、アイドルグループSKE48の運営・管理などを手がけるKeyHolder<4712>が、資本業務提携先であるケイブ<3760>の株式の売却を続けている。2018年12月27日にケイブ株式の24.43%を取得し筆頭株主になったものの、その後2019年3月20日から4月18日までに8度大量保有報告書を提出しており、4月18日の大量保有報告書では保有割合は4.34%にまで低下した。

両社は2018年12月11日に資本業務提携し、KeyHolder がケイブの筆頭株主になるとともに、ネットクレーンゲーム事業の新規展開の運営サポートやスマートホンゲームの開発、eスポーツ展開の運営サポートなどの協力体制を目指した。 

その一方でケイブは2019年3月14日にアイドルグループの運営を手がけているAKSの吉成夏子代表取締役とゲーム制作会社オカキチの代表取締役でゲームクリエーターの岡本吉起氏を割当先とする増資を行うことを発表。払込期日である2019年4月26日に吉成夏子氏が筆頭株主になり、KeyHolderは第2位の株主になるとしていた。 

その後3月20日からKeyHolderによるケイブ株式の売却が始まり、ケイブの業務支援体制がKeyHolderから吉成夏子氏に移ることになった。3月14日の発表時点では岡本吉起氏は3位の株主となる見込みだったが、KeyHolderの保有割合の低下に伴い、2位の株主に浮上する見込みで、吉成、岡本両氏による支援体制が鮮明になった。 

売上高の70%は「ゴシックは魔法乙女」

ケイブは1994年にゲームソフトの受託開発を手がける企業として設立。1999年にNTTドコモにコンテンツを配信して以来、さまざまなゲームを提供してきた。2015年に発売したシューティングゲーム「ゴシックは魔法乙女」が売上高の70%を占めており、他のゲームや新サービスの投入が急務となっている。

KeyHolderと業務協力する予定だったネットクレーンゲーム事業やスマートホンゲーム開発、eスポーツ事業についても、4月11日に発表した2019年5月期第3四半期決算ではサービス開始時期は未定としていた。 

大量保有報告書の提出日、保有割合など

報告義務発生日提出日保有割合増減
12月27日 12月28日 24.43 0
3月20日 3月28日 17.57 -6.86
3月22日 3月28日 16.15 -1.42
4月5日 4月12日 14.7 -1.45
4月11日 4月18日 13.4 -1.3
4月12日 4月18日 9.49 -3.91
4月15日 4月18日 8.16 -1.33
4月16日 4月18日 5.35 -2.81
4月18日 4月18日 4.34 -1.01

※報告義務発生日の12月27日と提出日の12月28日は2018年。他は2019年。


ケイブの沿革
1994 ゲームソフトの受託開発を手がける企業として設立
1999 NTTドコモにコンテンツを配信
2001 KDDIにコンテンツを配信
2002 業務用シューティングゲームを配信
2004 携帯電話向けゲームを配信
2005 クレイズカンパニー(現ビーズマニア)の子会社に
2008 ビーズマニアと事業統合
2011 グリーと資本業務提携
2015 ゴシックは魔法乙女を発売