2019年8月の大量保有報告書の提出件数は864件で、このうち株式の保有割合を増やしたのが252件(構成比29.2%)、新規保有が174件(同20.1%)、保有割合を減らしたのが393件(同45.5%)、契約の変更などが45件(同5.2%)となり、増加と新規の合計が減少を33件上回った。

2019年4月以降、増加と新規の合計が減少を下回っていたが、5カ月ぶりに反転した。前年同期(2018年8月、増加と新規の合計が減少を5件下回った)と比べても反転した。

M&A Online編集部が構築した「大量保有報告書データベース」で集計した。

  2018年8月 2019年7月 2019年8月
増加 263 228 252
新規 150 154 174
減少 418 415 393
変更 61 64 45
合計 892 861 864
増減 -5 -33 33
増加は株式の保有割合を増やした件数、新規は新たに株式を保有した件数、減少は株式の保有割合を減らした件数。増減は増加と新規の合計から減少を引いた件数

【増加と新規の合計から減少を引いた件数の推移】

HISが再度のTOBを検討も

8月は旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)によるTOB株式公開買い付け)が不調に終わり、米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループが新たなTOBによる買い付けを10月1日まで行っている不動産・ホテル業のユニゾホールディングスで活発な動き見られた。

エリオット・インターナショナル・エルピー、いちごアセットマネジメント・インタ-ナショナル・ピ-ティ-イ-・リミテッド、野村證券の3社が新規に株式を保有。

このうち、エリオット・インターナショナル・エルピーは4度買い増し、保有割合を9.9%に高めたほか、いちごアセットマネジメント・インタ-ナショナル・ピ-ティ-イ-・リミテッドも一度買い増し、保有割合を6.64%とした。野村證券の保有割合は5.08%だった。

HISは7月11日にユニゾ株の45%を保有することを目的にTOBを開始したが、TOB開始直後から株価が上昇し、株価が買付価格を上回る高値で推移したため、応募がゼロという結果に終わった。ユニゾはHISのTOBに反対を表明し、敵対的TOBに発展していた。

8月16日には米フォートレスがHISに対抗する形でユニゾが賛同する友好的なTOBを発表したが、こちらも株価が買付価格を上回っており、TOB成立(買付予定数の下限は66.7%)は難しい状況にある。

こうした事態を受けてHISは8月28日に、米投資会社フォートレスによるTOBが不成立となった場合は、新たな買付価格を設定してTOBを実施、もしくは買い増しを検討する可能性があると発表している。

レオパレス21 プレーヤーがさらに2社増える

施工不良問題に揺れるレオパレス21については新たなプレーヤーが2社増えた。アルデシアインベンストメントと、モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・ピーエルシーが新規に保有。モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・ピーエルシーは一度買い増し、保有割合を7.81%とした。アルデシアインベンストメントの保有割合は5.27%だった。

一方、野村證券とプリンシパル・グローバル・インベスターズは保有割合を引き下げ、5%を切った。旧村上ファンド系のレノは3カ月連続で動きがなかった。

個人で目を引いたのはZOZOの前澤友作社長。ZOZO株の担保契約で3度変更届を提出した。ZOZO株の保有割合は41.16%で変化はなかった。

文:M&A Online編集部