ラーメンコラボが続々「天下一品」「一風堂」「スガキヤ」「岐阜タンメン」の作戦は?

alt
ミールキットの「一風堂監修!豆乳仕立ての豚骨ラーメン」

ベビースタードデカイラーメン2種が登場

ベビースターラーメンを手がける、おやつカンパニー(津市)は、ラーメン店スガキヤを運営するスガキコシステムズ(名古屋市)と、岐阜タンメンを運営する岐阜タンメンBBC(愛知県一宮市)の2社とコラボしたベビースタードデカイラーメン2種の販売を始めた。

スガキヤのラーメンは、1946年の創業以来、豚骨ベースに和風だしを合わせたスープを提供してきた。今回のベビースタードデカイラーメン(スガキヤ スガキヤラーメン味)では、豚骨のコクに、さば節の和風だしの香りと旨みをきかせたタレとパウダーの味付け製法で濃厚な味わいに仕上げた。スガキヤは2021年4月時点で、中京、関西圏を中心に284店舗を展開している。

岐阜タンメンは、豚肉、白菜、キャベツ、ニンニクから旨みを抽出し、塩だしのスープと合わせたシンプルなタンメン。今回のベビースタードデカイラーメン(岐阜タンメン味)は、幅広麺の生地を、ニンニクがきいた豚肉と野菜の旨味が溶け込んだ塩ラーメンスープをイメージした味に仕上げた。岐阜タンメンBBCは愛知県と岐阜県で、岐阜タンメン19店舗を展開している。

ニュースリリースより

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

コロワイドによる大戸屋ホールディングスに対する敵対的買収の攻防

コロワイドによる大戸屋ホールディングスに対する敵対的買収の攻防

2020/09/15

9月8日、コロワイドによる大戸屋ホールディングスに対する公開買付け(TOB)が成立した。わが国では極めて珍しい、敵対的公開買付けの成立となる。本稿では本公開買付けの経緯、そして法務の観点から印象的だった点についてコメントを試みたい。