オイシックス・ラ・大地のニュース記事一覧

敵対的TOBから一転 オイシックスがシダックスを27.97%保有 2022年10月の大量保有報告書

敵対的TOBから一転 オイシックスがシダックスを27.97%保有 2022年10月の大量保有報告書

M&A Online編集部が大量保有データベースで2022年10月の大量保有報告書などの提出状況を調べたところ、オイシックス・ラ・大地が、シダックス株式を新規に27.97%取得したことが分かった。

記事を読む
2022年 TOBがハイペースで50件に到達も、音なしの「敵対的案件」

2022年 TOBがハイペースで50件に到達も、音なしの「敵対的案件」

2022年のTOB(株式公開買い付け)件数が50件(届け出ベース)に到達した。12年ぶりの高水準を記録した前年とほぼ同ペースで推移している。その半面、敵対的TOBが昨年、一昨年と各5件に上ったのに対し、2022年は今のところゼロで、波静かな展開だ。

記事を読む
米国本社が倒産しても日本のDEAN&DELUCAが存続している理由

米国本社が倒産しても日本のDEAN&DELUCAが存続している理由

米国のDEAN & DELUCAが2020年3月31日米連邦破産法11条の適用を米ニューヨークの裁判所に申し立てました。負債総額は約550億円。倒産から2年半近く経過した後も日本の店舗は通常通り営業をしており、破産の影響は一切受けていません。

記事を読む
ラーメンコラボが続々「天下一品」「一風堂」「スガキヤ」「岐阜タンメン」の作戦は?

ラーメンコラボが続々「天下一品」「一風堂」「スガキヤ」「岐阜タンメン」の作戦は?

「天下一品」「一風堂」「スガキヤ」「岐阜タンメン」などのラーメン店が相次いでコラボを公表した。相手先はアパレルブランドやミールキット(食材とレシピがセットなった商品)、菓子などさまざまだ。

記事を読む
コロワイドによる大戸屋ホールディングスに対する敵対的買収の攻防

コロワイドによる大戸屋ホールディングスに対する敵対的買収の攻防

9月8日、コロワイドによる大戸屋ホールディングスに対する公開買付け(TOB)が成立した。わが国では極めて珍しい、敵対的公開買付けの成立となる。本稿では本公開買付けの経緯、そして法務の観点から印象的だった点についてコメントを試みたい。

記事を読む
3大ニュースで読み解く2019年外食M&A総まとめ

3大ニュースで読み解く2019年外食M&A総まとめ

2019年の外食M&Aの潮流を3つのニュースを軸に解説します。1つ目は梅の花のさくら水産買収。2つ目がポラリスが買収したBAKEの赤字。3つ目はオイシックスの投資ファンドに出資を決めたモスフードです。2019年も様々な動きがありました。

記事を読む
ファミレスの「ロイヤル」が最高額 外食業界の2019年のM&A

ファミレスの「ロイヤル」が最高額 外食業界の2019年のM&A

2019年(2019年1月1日-12月19日)の外食・フードサービス業界のM&Aは29件となり、2008年の26件を上回り2008年以降の12年間で最多となった。

記事を読む
オイシックスとモスバーガーがタッグ どんなコラボ商品が生まれる?

オイシックスとモスバーガーがタッグ どんなコラボ商品が生まれる?

農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配事業を手がけるオイシックス・ラ・大地<3182>と、ハンバーガーチェーン店のモスバーガーを展開するモスフードサービス<8253>がタッグを組むことになった。

記事を読む
【オイシックス・ラ・大地】ビーガンとdミールキットで成長目指す

【オイシックス・ラ・大地】ビーガンとdミールキットで成長目指す

オイシックス・ラ・大地がM&Aを機に、ビーガン(絶対菜食主義者)食ビジネスに乗り出した。日本国内でもビーガン食のミールキットの展開を検討する計画だ。新たなサービスは日本に定着するだろうか。

記事を読む
ビーガンラーメンも登場 オリンピックを機に市民権を得るか

ビーガンラーメンも登場 オリンピックを機に市民権を得るか

動物の商品化を否定し、動物系の製品を排除した生活様式を実践する人たちであるビーガン(絶対菜食主義者)向けに食事を提供する飲食店が増えてきた。東京オリンピックを機に市民権を得るか。

記事を読む
「吉」と出るかビーガン食事業 オイシックス・ラ・大地が米国で挑戦

「吉」と出るかビーガン食事業 オイシックス・ラ・大地が米国で挑戦

​オイシックス・ラ・大地の北米挑戦が5月末から始まる。米国でビーガン(絶対菜食主義者)食の宅配事業を手がけるThree Limes,Incの子会社化を足がかりに北米市場を攻める作戦だ。

記事を読む