力の源ホールディングスの記事一覧

大苦戦するラーメン一風堂の横で山岡家が快走している理由

大苦戦するラーメン一風堂の横で山岡家が快走している理由

ラーメン山岡家がコロナ禍で快走中。第3四半期の売上高は前期比2.0%増の104億7,900万円と前期を上回りました。営業利益は43.7%減となりましたが、2億2,600万円のプラスとなっています。一方、同規模の一風堂は利益が出ていません。

記事を読む
「山小屋ラーメン」のワイエスフード、赤字脱せず上場廃止一歩手前に

「山小屋ラーメン」のワイエスフード、赤字脱せず上場廃止一歩手前に

ラーメン店を展開するワイエスフードに上場廃止危機が訪れました。4期連続で営業赤字、営業キャッシュフローがマイナスとなったため。2022年3月末までにマイナスが解消できない場合、上場廃止となります。恒常的な赤字体質にコロナが襲い掛かりました。

記事を読む
赤字が続く海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)とは?

赤字が続く海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)とは?

海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)は、2013年11月に設立された官民ファンド。主要株主は日本政府のほか、ANA、電通、パソナなどが名を連ねています。日本独自の商品を海外に売り込むことを目的とし、食や日用品、アニメ事業に出資をしています。

記事を読む
赤字転落相次ぐ飲食業「はなの舞」「さかなや道場」のチムニーは最終赤字28億円

赤字転落相次ぐ飲食業「はなの舞」「さかなや道場」のチムニーは最終赤字28億円

居酒屋の「はなの舞」や「さかなや道場」を運営するチムニーは2020年6月23日に、2020年3月期の当期損益が28億1200万円の赤字に転落したと発表した。

記事を読む
幸楽苑が夏のボーナス不支給を決定、他の企業にも影響は広がるか

幸楽苑が夏のボーナス不支給を決定、他の企業にも影響は広がるか

ラーメン店運営の幸楽苑が新型コロナウイルスによる売り上げ減の影響で、社員の給与減額を決定しました。5月から7月までの3か月間20%減、夏季賞与なしとなります。サービス業を中心に役員報酬減額の動きが活発化。今後社員の給与にも波及する可能性があります。

記事を読む
ラーメン店「一風堂」の力の源HDが上場来初の赤字に転落 新型コロナが直撃

ラーメン店「一風堂」の力の源HDが上場来初の赤字に転落 新型コロナが直撃

ラーメン店「一風堂」などを運営する力の源ホールディングスが2017年3月の上場以来、初めてとなる最終赤字に転落する。2025年までに国内外600 店舗の達成を目指す中期計画の見直しも。

記事を読む
株価急上昇の「ラーメン山岡家」、借入金頼みの経営は続くのか?

株価急上昇の「ラーメン山岡家」、借入金頼みの経営は続くのか?

ラーメン店「山岡家」を運営する丸千代山岡家の株価が急上昇中です。2020年1月期第3四半期の営業利益が前年同期比23%増となり、配当予想を14円から16円に引き上げたため。借入金を活用した経営戦略をとっていますが、長く続くのでしょうか?

記事を読む
「ピラニアラーメン」って何? 予想を超えるラーメンたち

「ピラニアラーメン」って何? 予想を超えるラーメンたち

変わり種ラーメンや、お得なキャンペーン、ラーメンとおにぎりなどの意外な組み合わせなどの話題のラーメンを集めてみた。

記事を読む
「選挙割」や「選挙休業」などが登場 21日の参院選

「選挙割」や「選挙休業」などが登場 21日の参院選

2019年7月21日に実施される参院選に向け、企業に動きが出てきた。投票済証明書の提示で商品やサービスの割引を行う「選挙割」や商業施設内での投票所の開設、さらには従業員に投票を促すため休業する店舗もある。

記事を読む
映画とコラボした「麺・イン・ブラック」ってどんなラーメン?期間限定品が続々

映画とコラボした「麺・イン・ブラック」ってどんなラーメン?期間限定品が続々

​「期間限定」と言われるとついつい興味をそそられてしまうもの。それが国民食とも言えるラーメンであればなおさらのこと。季節ごとに限定商品を投入する例はよくあるが、少し変わったものもある。直近の動きを探ってみると。

記事を読む
「一風堂」博多長浜ラーメン店の名島亭を横浜に出店 

「一風堂」博多長浜ラーメン店の名島亭を横浜に出店 

博多ラーメン店「一風堂」を展開する力の源ホールディングスは、事業承継M&Aでグループ化した博多長浜ラーメン店「名島亭」を4月19日に横浜市の「ららぽーと横浜」に出店する。

記事を読む
海外で出会えるチャンス膨らむ「一風堂」の博多ラーメン

海外で出会えるチャンス膨らむ「一風堂」の博多ラーメン

博多ラーメン店「一風堂」を展開する力の源ホールディングスがベトナムに出店し、2年ぶりに海外市場の新規開拓を果たした。これによって2017年4月に進出したミャンマーに次ぎ、出店先の国と地域は13になった。

記事を読む
ラーメンなどの外食産業のM&Aが過去最高に

ラーメンなどの外食産業のM&Aが過去最高に

2018年の外食・フードサービス業界のM&A件数が2011年以来、過去最高の26件となった。ただ取引総額は2011年、2014年、2015年次ぐ4番目の375億5600万円にとどまった。

記事を読む
2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017年外食産業のM&A動向を語るうえで、外せないキーワードが2つある。1つは「海外進出」。2つ目は「ポートフォリオの拡大」だ。

記事を読む