帝国ホテル 新型コロナの影響で148億円の赤字 本館建て替えへ

alt

帝国ホテル 148億円の赤字へ=約2000億円強で帝国ホテル東京を建て替え

公開日付:2021.03.25

 新型コロナウイルスの影響が重い(株)帝国ホテル(TSR企業コード: 291097006)は3月25日、これまで未定だった2021年3月期(連結)の当期純利益が148億円の赤字になりそうだと発表した。同時に、約2000億円から2500億円を投じ、三井不動産(株)(TSR企業コード:291023142)と共同で帝国ホテル東京の本館やタワー館などを建て替えることも発表した。
 2021年3月期(連結)の業績予想は売上高217億円(前期実績545億5800万円)、当期純利益148億円の赤字(同24億400万円の黒字)と赤字に転落する見通し。新型コロナの影響と、帝国ホテル大阪の減損と帝国ホテル東京の建て替えに伴う損失計上が響く。
 帝国ホテル東京は、日本の迎賓館の役割を担い1890年に開業。数度の建て替えをこれまで実施していたが、現在の本館建物は竣工から50年、タワー館も38年が経過していた。顧客の利用環境を絶やさず、帝国ホテルの歴史も継承するため、建て替え期間中も帝国ホテル東京としてのホテル営業は継続する予定だ。
 建て替え実施時期は新本館が2031年度~2036年度、新タワー館が2024年度~2030年度を予定し、建て替え後は新本館がグランドホテル、新タワー館がオフィス、商業、サービスアパートメント等を計画している。

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった<4>

えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった<4>

2017/05/06

街中や旅先で何気なく目にしているホテル。実は意外な会社が経営、運営しているなんてことも。今回はハワイで2番目に歴史がある名門ホテル「ハレクラニ」を取り上げます。今年創業100周年を迎える長い歴史の中で、実は日本の不動産会社が30年以上もオーナーを務めているんです。