居酒屋「甘太郎」などを運営するコロワイド<7616>が、大戸屋ホールディングス<2705>の株式18.67%を取得して筆頭株主になりました。急逝した創業者・三森久実氏の妻・三枝子氏とその息子・智仁氏が、保有していた株式をすべて譲渡したのです。

大戸屋ホールディングスは久実氏が逝去した後、現社長・窪田健一氏と三森家の間で後継者を巡る壮絶な争いを繰り広げていました。コロワイドの登場により、後継者争いに終止符が打たれました。

この記事は大戸屋の騒動をまとめたものです。

遺骨と遺影を置いて窪田氏の退任迫る夫人

大戸屋ホールディングスの創業者である三森久実氏が、肺がんにより逝去したのは平成27年7月27日のこと。その後、久実氏の従弟で取締役の窪田健一氏がトップに立ちました。46歳だった窪田氏は国内事業本部長などを務めており、その実力は社内外からも認められていました。

しかし、それを良しとしない三枝子夫人が、会社の裏口から社長室に入り込み、机の上に久実氏の遺骨と位牌、遺影を置いて退任を迫る。そんなドラマのような一幕があったことはあまり知られていません。

「主人があなたを見ている。窪田、社長を辞めなさい。そして、智仁を社長にしなさい」

この鬼気迫るやり取りに至るまでに、いったい何があったのでしょうか。

こじれた要因は大きく2つあります。1つは久実氏の肺がんが判明してから死に至るまで、わずか一年しかなく後継者問題に決着をつける時間がなかったこと。2つ目は息子の智仁氏が当時27歳とあまりにも若かったことです。

久実氏が不治の病だとわかったのは、平成26年7月でした。そのときすでに脳への転移が認められており、悪化すれば通常の判断ができない状態でした。窪田氏と智仁氏は主治医から、久実氏がいなくなった後の会社の方針をできるだけ早く本人から吸収するようにと伝えられます。

創業者・久実氏が息子の智仁氏にかける期待と熱の入れ方は相当なものです。戸田公園店の店長だった智仁氏は、肺がんが判明した直後の平成26年8月に執行役員社長付に昇進しています。更に平成27年6月の株主総会では取締役に選任され、常務取締役海外事業本部長に就任しました。

役員や執行役、社外役員の大半が「昇進は早すぎる」という印象を持っていました。しかし、死期が迫る会長の意向を汲み、反論ができませんでした。生前の久実氏は親族だけでなく、窪田氏などの主要経営幹部にも「智仁を後継者に」という意向を伝えていたといいます。