お家騒動の記事一覧

5分でわかる 大戸屋とコロワイドが経営権を巡って揉めている理由

5分でわかる 大戸屋とコロワイドが経営権を巡って揉めている理由

コロワイドが大戸屋に対して株主提案を行います。経営陣の刷新や、セントラルキッチンの活用、株主優待の拡充などを求めます。大戸屋は創業者の息子・三森智仁氏の社外取締役就任に難色を示すなど、慎重な姿勢を崩していません。一体何があったのでしょうか?

記事を読む
本当にあった「お家騒動」に学ぶ 創業家のリスクマネジメント|編集部おすすめの1冊

本当にあった「お家騒動」に学ぶ 創業家のリスクマネジメント|編集部おすすめの1冊

「大きすぎる富は災いを生む」という。その最たるものが遺産相続だろう。その「遺産」が現預金や上場企業の株式、不動産ならば、不満はあっても全ての関係者にそれなりの分前は入る。が、それが「会社」であれば、争った全員が何もかも失う危険性があるのだ。

記事を読む
大戸屋のお家騒動が終結、コロワイドが筆頭株主に

大戸屋のお家騒動が終結、コロワイドが筆頭株主に

飲食事業を展開するコロワイドが、大戸屋の筆頭株主に躍り出ました。創業者三森久実氏の妻・三枝子氏と息子の智仁氏が、持ち株のすべてを譲渡しました。これにより、急逝した久実氏の後継者を巡る壮絶な争いに終止符が打たれたことになります。

記事を読む
日産騒動を予見?「社長解任 権力抗争の内幕」

日産騒動を予見?「社長解任 権力抗争の内幕」

現代における“お家騒動”は企業の権力闘争にほかならない。企業はビジネスの場であると同時に、社内政治の場であるからだ。本書は有名大企業10社にスポットをあて、その権力抗争の内幕をえぐりだしている。今回の「日産騒動」の背後も何気に見えてくる。

記事を読む
スティーブ・ジョブスに学べ!大塚久美子社長への「転身の勧め」

スティーブ・ジョブスに学べ!大塚久美子社長への「転身の勧め」

大塚家具の委任状争奪戦で久美子社長を支持した投資ファンドが、保有する大塚家具株を売却していたことが明らかとなった。もはや久美子社長の辞任は秒読み状態に。だが久美子社長が経営者として「復活」する方法はある。それはアップルの創業者に学ぶことだ。

記事を読む
大型倒産のタカタが場外乱闘?創業家のお家騒動が勃発

大型倒産のタカタが場外乱闘?創業家のお家騒動が勃発

タカタ創業家の高田重久・前タカタ社長と実母の高田暁子氏との間の「親子喧嘩」で、民事裁判に発展していることがわかった。タカタの関係者は「この裁判は民事再生手続きに影響はない」とあくまでも身内の争いと突き放す。

記事を読む
企業のお家騒動・騒乱その行方【大戸屋HD】<2705>

企業のお家騒動・騒乱その行方【大戸屋HD】<2705>

ニュースやワイドショー、新聞、雑誌などでひとたび話題になると人々の関心を引き、 株価にも影響を及ぼすこともある、企業のお家騒動。その騒乱の行方はどうなったので あろうか。これまでに起きた注目の企業のお家騒動をまとめてみた。今回は、2015年に創業者が亡くなった大戸屋HDを取り上げる。

記事を読む
大戸屋のお家騒動を村上春樹風にまとめてみる

大戸屋のお家騒動を村上春樹風にまとめてみる

大戸屋のお家騒動に関する第三者委員会の報告書が昼ドラのようだと話題になりました。新刊発売にちなんで村上春樹風にまとめたブログをご紹介したいと思います。

記事を読む
「親子経営 ダメでしょ モメてちゃ 親子だから経営力が高まる本当のこと」

「親子経営 ダメでしょ モメてちゃ 親子だから経営力が高まる本当のこと」

「親子経営 ダメでしょ モメてちゃ 親子だから経営力が高まる本当のこと」。セブン&アイ・ホールディングスやロッテ、大塚家具など、昨今話題の「お家騒動」を入り口に、親子経営の真価を問い直す1冊だ。

記事を読む
企業のお家騒動・騒乱その行方 【クックパッド】創業者が社長を解任

企業のお家騒動・騒乱その行方 【クックパッド】創業者が社長を解任

ニュースやワイドショー、新聞、雑誌などでひとたび話題になると人々の関心を引き、株価にも影響を及ぼすこともある、企業のお家騒動。その騒乱の行方はどうなったのであろうか。これまでに起きた注目の企業のお家騒動をまとめてみた。今回は、クックパッドで起きた対立と退任劇を振り返る。

記事を読む
企業のお家騒動・騒乱その行方 【セブン&アイHD】内紛でコンビニの父が退任

企業のお家騒動・騒乱その行方 【セブン&アイHD】内紛でコンビニの父が退任

ニュースやワイドショー、新聞、雑誌などでひとたび話題になると人々の関心を引き、株価にも影響を及ぼすこともある、企業のお家騒動。その騒乱の行方はどうなったのであろうか。これまでに起きた注目の企業のお家騒動をまとめてみた。今回は、セブン&アイ・ホールディングスで起きた対立と退任劇を振り返る。

記事を読む
【企業力分析】大戸屋ホールディングス 売上高総利益率悪化の限界

【企業力分析】大戸屋ホールディングス 売上高総利益率悪化の限界

5月お家騒動勃発、役員人事をめぐって、昨年7月に肺がんで亡くなった2代目、三森久実元会長の創業者一家VS外様との報道があった大戸屋。株主総会でも「前会長が味を追求するために行っていた事業を、収益に今すぐつながらないからやめて、オペレーション(業務の見直し)で利益を出していこうとしているとしか見えない。どういう方向に会社を持っていこうとしているのか」など、厳しい質問が出された。2007~16年3月期までの10年を分析した。

記事を読む