小僧寿し<9973>がJFLA ホールディングスとEVO FUNDを引受先とした第三者割当増資を実施します。発行する株式の総数は9200万株で、希薄化は296%。調達総額は9億9700万円となります。

同社は現在、9億5000万円の債務超過状態です。今期中に債務超過を回避できなければ、上場廃止になります。そして今回、上場廃止ギリギリの300%希薄化水準をクリアする株式を発行し、何とか債務超過を解消できました。

小僧寿しはこのタイミングで中期経営計画を発表し、3年後に売上を2倍にするなど再出発を印象付けています。しかし営業キャッシュフローは2期連続のマイナス。今は理想を掲げるよりも、経営体制の見直しなど、抜本的な改革が必要な時期がきているように見えます。

デリズののれん7億9000万円を全額減損で債務超過

「寿司+唐揚げ」店の開発で売り上げ増を図る
「寿司+唐揚げ」店の開発で売り上げ増を図る(画像はプレスリリース)

小僧寿しが債務超過に陥った原因は、2018年に買収したフードデリバリーのベンチャー企業デリズ買収によるものです。当時デリズは3億7000万円の債務超過状態であり、営業利益は2300万円ほど。そのデリズを2億8000万円で買収した小僧寿しは、7億9000万円もののれんを計上することとなったのです(詳しい記事はこちら)。

小僧寿しは2018年12月期に即刻デリズののれんを全額減損し、10億4700万円の債務超過となりました。何度か資金調達を繰り返したのち、296%もの希薄化を伴う今回の第三者割当増資へと至ったのです。しかも、EVO FUND向けに発行する5200万株分のワラントは、行使価額が11円(発表時の株価は30円前後)という驚きの安さ。何としてでも資金を調達しようとする姿勢が如実に表れています。

泥沼脱却の兆しを見いだせた小僧寿しは、非開示だった業績見通しを8月30日に発表しました。2019年12月期の経常損失は3500万円(前期6億700万円の赤字)と赤字幅は縮小し、純利益は500万円(前期16億7800万円の赤字)と黒字転換すると予想しました。

【単位:百万円】

決算売上高営業利益経常利益純利益
2019年12月期予想6,035▲55▲355
2018年12月期5,517▲591▲607▲1,678

※小僧寿し「連結業績予想に関するお知らせ」より

5億円増収の大きな要因の一つとして、持ち帰り寿司「小僧寿し」と「茶月」に、唐揚げ店を併設した「寿司+唐揚げ」の新店舗開発があります。テスト45店舗(全店舗数は251)において、売上高は昨対で120%、月間の売上高は27万円の増加となりました。

小僧寿しは「寿司+唐揚げ」店を30店舗追加(業態転換)し、更に「とんかつ」「天丼」「海鮮丼」などの複合ブランド店舗を開発して立て直しを図ります。