事業承継ユニットを立ち上げ

ジェイ エイ シー リクルートメント(東京都千代田区)マネージャー・若林喬さん

-M&A人材の採用ニーズはどのような状況ですか。

M&Aの仲介を行う企業を中心にニーズは大変多くあります。このため2019年1月に事業承継ユニットを立ち上げました。以前はいろんなチーム内にあった事業承継部門をユニット化しました。これによって集中的に業界の知識がコンサルタントに身に付くため、今年は昨年の3倍くらいの成果(件数)が出そうです。

-どのような人材が求められていますか。

銀行、証券会社の法人営業の方々に対するニーズが多いですね。最近は法人営業だけでなくリテール(小口金融業務)まで対象が広がっています。採用側にリテールをやってきた方への見方が変わってきたようです。

リテールで携わってきた富裕層の方々は企業の経営者であるケースが多く、リテールと言っても法人営業と変わらない部分があります。実際、事業承継の案件は地方の経営者から多く出てきます。弊社にはリテールから法人営業に移りたいという方の登録が多くあります。

-M&Aの仲介を行う企業の状況はいかがですか。

今、主要30社ほどのM&A仲介会社とお付き合いがありますが、企業数は急速に増えていますね。独立されるケースが非常に多くあります。こういったところでも採用ニーズがあります。

ジェイ エイ シー リクルートメントの若林マネージャー

-M&Aの仲介だけでなく事業会社にもM&A人材を求めるニーズはありますか

私は事業承継以外にも不動産ファンドなども担当していますが、こちらの分野でM&Aの専任の人材を探しているケースがあります。

例えば日用品の倉庫を管理している企業が新たに食品分野も手がける際などに、食品分野の企業とアライアンスを組める人を採用したいというような事例があります。

-M&A人材を求めるニーズの先行きをどのように見ておられますか。

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などの新しいビジネスが立ち上がってくれば、M&A人材に対するニーズは減らないと思われます。ITの技術が進めば進むほど事業承継やM&Aのニーズは増えていくと思っています。

ジェイ エイ シー リクルートメント】1975年に英国に居住する日本人を支援することを目的にロンドンで事業を開始。日本での設立は1988年で、2006年にジャスダックに上場、2015年に東証1部に。現在、世界11カ国で事業を展開している。