ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

赤字企業による赤字企業の買収には、どんな戦略があるのか。

alt
マネーフォワード発表資料より

グループ化後に急成長 

マネーフォワードは2017年11月にクラウド型記帳サービスを手がけるクラビス(東京都千代田区)を子会社化したのを皮切りに、2018年7月にクラウド型経営管理システムを手がけるナレッジラボ(大阪市中央区)を、同年8月にクラウド活用サポートサービスを提供するワクフリ(福岡市)をグループ会社化した。 

3社ともグループ会社化後、3カ月から1年ほどで登録数や顧客数、売上高などが3倍から6倍に拡大するなど成長が一気に加速した。4社目となるスマートキャンプについても、3社同様、さらなる成長を目指すという。 

マネーフォワードは2019年11月末にスマートキャンプの株式72.3%を19億9800万円で取得する。三菱UFJキャピタルなど複数のベンチャーキャピタルが保有していた66%の株式をすべて買い取り、さらに経営陣が保有していた34%のうち6.3%を譲り受ける。取得金額の19億9800万円は手持ちの資金と金融機関からの借り入れで充当する。 

果たしてマネーフォワードが思い描く未来図は現実のものとなるだろうか。

2017年11月 クラビスをグループ会社化
2018年7月 ナレッジラボをグループ会社化
2018年8月 ワクフリをグループ会社化

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

チムニー・海帆・あみやき亭が買収断行 「焼肉店」のM&A再燃?

チムニー・海帆・あみやき亭が買収断行 「焼肉店」のM&A再燃?

2019/11/12

焼肉店のM&Aがじわり増えている。上場の外食企業が買い手となる案件は昨年ゼロだったが、今年はこれまで3件を数える。ターゲットはいずれも都内の中小焼肉店。同業同士は1件で、残る2件は居酒屋チェーンが新業態として「焼肉」を取り込むケースだ。