M&A速報

マネーフォワード<3994>、WEBサービス開発のナレッジラボを子会社化

2018/07/05

マネーフォワードは、WEBサービス開発のナレッジラボ(大阪市。売上高7200万円、営業利益△400万円、純資産1300万円)が実施する第三者割当増資を引き受け、子会社化(所有割合51.4%)することを決めた。これに併せて両社は資本業務提携した。

ナレッジラボは2012年、実務経験のある公認会計士、税理士を中心に設立し、財務戦略顧問サービスやクラウドツールの導入支援サービスを提供している。マネーフォワードは経理・財務分野でインターネットサービスを展開しており、今回の資本業務提携を通じて両社の主力サービスの機能連携、会計事務所や中小企業への導入促進に取り組む。

取得価額は1億9800万円。取得予定日は2018年7月25日。

関連の記事

M&A時の「段階取得に係る差益」とは?  マネーフォワードが1億円を利益計上

M&A時の「段階取得に係る差益」とは? マネーフォワードが1億円を利益計上

2020/08/19

マネーフォワードは債権管理ソフトを開発するアール・アンド・エー・シー(東京都中央区)の株式を8月中に追加取得し、子会社化する。これに伴い、「段階取得に係る差益」と呼ばれる特別利益1億円を計上する見通し。「段階取得に係る差益」とは一体何か?

赤字企業による赤字企業の買収には、どんな戦略があるのか。

赤字企業による赤字企業の買収には、どんな戦略があるのか。

2019/11/13

マネーフォワードはSaaS(サービスとしてのソフトウエア)向け見込顧客獲得メディア「BOXIL」を運営するスマートキャンプ(東京都港区)を子会社化する。両社とも赤字だが、そこにはどんな戦略があるのか。

今さら聞けない「サブスクモデル」とは?

今さら聞けない「サブスクモデル」とは?

2019/07/17

「サブスク」が流行のワードになっている。サブスクモデルとは何か? なぜ企業はこぞってサブスクモデルに移行しようとしているのか? では、サブスクモデルは通常のビジネスモデルとは何が違うのか。

M&A速報検索

クリア