トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >iPS細胞だけではなかった!京大発ベンチャー 神経細胞再生医療のオリゴジェン

iPS細胞だけではなかった!京大発ベンチャー 神経細胞再生医療のオリゴジェン

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

2006年に開発したiPS(人工多能性幹細胞)細胞によって、2012年に京都大学の山中伸弥教授らがノーベル生理学・医学賞を受賞した快挙は記憶に新しい。だが、京大には再生医療に関する成果はこれだけではない...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY