2006年に開発したiPS(人工多能性幹細胞)細胞によって、2012年に京都大学の山中伸弥教授らがノーベル生理学・医学賞を受賞した快挙は記憶に新しい。だが、京大には再生医療に関する成果はこれだけではない。

京大医薬系総合研究棟にあるインキュベーションオフィス「イノベーションハブ京都(京都市左京区)」を拠点とするオリゴジェンは、2011年に開発した神経幹細胞「OligoGenie(オリゴジーニー)」で、神経の再生医療に挑戦中だ。

オリゴジーニーはiPSの後に続くことができるだろうか。

24カ国で特許が成立済み

オリゴジェンは「治療法のない疾患で苦しんでいる患者さんたちへ、幹細胞技術を用いて新しい治療法を提供する」ことを企業理念とする。2015年8月に京大医学部OBの城戸常雄氏によって設立された。

城戸氏は脳神経内科と内科の専門医。医師として治療法のない疾患で苦しんでいる患者と接することで治療への思いが次第に強くなり、渡米しバイオベンチャーを設立。脊髄損傷の再生医療製品開発に従事した。

その後、2011年に神経幹細胞オリゴジーニーを開発し、大量培養方法の開発にも成功した。2014年に日本で当該細胞と培養方法の特許が成立したことによって、当該細胞を用いた臨床治験を日本で行うため、オリゴジェンを創業した。

現在はオリゴジーニーをコアテクノロジーとし、再生医療製品の開発、創薬、新技術の開発を行っており、すでに日、米、欧16カ国、アジア8カ国の合計24カ国で特許が成立済みという。

年月オリゴジェンの沿革(同社ホームページより抜粋)
2015年8月 東京都千代田区丸の内にオリゴジェンを設立
2016年4月 筑波大学高細精医療イノベーション棟に研究室を開設
2017年8月 ベンチャーキャピタル4社から1億1105万5000円を調達
2018年3月 研究室をイノベーションハブ京都に移転
2018年8月 本社をイノベーションハブ京都に移転