ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

意外な子会社 全国津々浦々「ぶらりM&A路線バスの旅」

alt
滋賀・近江八幡駅前のバスターミナル

労働組合傘下にある「本四海峡バス」

淡路島と徳島をつなぐ大鳴門橋(幸せ新聞/写真ac)

関西と四国を結ぶ明石海峡を走る本四海峡バス。会社としては鱗状斑点(シリカスケール)防止装置やウォーターコート装置を主事業とする本海商事の子会社である。その本海商事は、全日本海員組合のグループ会社という位置づけになる。そのため、本四海峡バスは全日本海員組合という労働組合が持つ事業会社ということになる。現在は、本四海峡バスの株式の過半数を全日本海員組合が所有している。

全日本海員組合は日本の海事関連産業の従事者で組織する日本の主要な産業別労働組合の1つ。明石海峡大橋・大鳴門橋ができて本州・四国を結ぶフェリーが廃止された際、同地の船舶会社の離職者対策として設立されたのが本四海峡バスだ。

雇用対策として生まれたバス会社はほかにもある。たとえば、1997年、東京湾アクアラインができた際に、神奈川県川崎市と千葉県木更津市の間を結ぶマリンエキスプレスのフェリー(木更津航路)が廃止された。その際にフェリー従業員の雇用確保のために、東京ベイサービスというバス会社が設立された。それも同様の誕生の経緯を持つバス会社といってよいだろう。

文:M&A online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。