ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ブロックチェーンのスタートアップ企業に投資 LINEがファンド設立

alt
同社ホームページより

資材調達や貿易業務などでも活用

みずほ銀行と日立製作所がブロックチェーン技術を用いたサプライチェーン・マネジメントシステム(複数の企業間で物流システムを構築し、経営効率を高める管理手法)を構築中。 

三井住友銀行も三井物産や商船三井など合計7社で、ブロックチェーン技術を活用した貿易取引の時間短縮やコストの削減、セキュリティ-の向上などについて実験中だ。 

海外でも仮想通貨の取り引きには否定的でも、ブロックチェーン技術の開発や導入に関しては積極的な国は多い。

LINEはブロックチェーン技術の開発を行うグループ会社のUnblock Corporationを介して、今回のスタートアップ企業ファンドunblok ventures Limitedを設立した。1000万ドル(約11億円)の資金で、世界の企業を対象に投資するという。

投資第一号はどのような企業になるのか。関心が集まる。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

日本の「仮想通貨」が新ステージに LINEが新タイプの仮想通貨を発行

日本の「仮想通貨」が新ステージに LINEが新タイプの仮想通貨を発行

2018/09/01

日本の仮想通貨が新しいステージに進んだ。LINE<3938>は通常実施される資金調達のためのICO(イニシャル・コイン・オファリング)を伴わない仮想通貨「LINK」を発行した。