ウイルス不活化モジュールを供給 

産業用ランプ最大手のウシオ電機<6925>は、主波長が222ナノメートルの深紫外線を室内に照射することで、壁や床、空間などのウイルスを不活化する機器の商品化を進めており、日本では2020年9月に発売する予定。 

人や動物の皮膚や目に安全なため、人がいる環境でも常時使用が可能で、オフィスや商業施設、公共施設などでの利用が見込まれる。 

深紫外線発光モジュール(同社ニュースリリースより)

同社では光源や電源などからなるモジュールを照明器具メーカーや衛生設備メーカー、電機メーカーなどに幅広く提供していく計画で、すでに米国の照明器具メーカーであるアキュイティ(ジョージア州)との間で供給契約を結んだ。 

アキュイティは同社製品にこのモジュールを組み込み、オフィスや教室、レストラン、小売店、トイレ、公共施設など向けに売り込むという。

深紫外線はウイルスや細菌のDNAやRNAの構造を破壊するため、殺菌やウイルス不活化の効果がある。薬剤耐性菌や変異したウイルスでもその効果は変わらない。新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波が見込まれるなど長期戦が避けられない中、深紫外線関連商品の開発が急増しそうだ。

文:M&A Online編集部