M&A速報

ウシオ電機<6925>、アドテックエンジニアリング<6260>をTOBにより子会社化

2012/02/13

ウシオ電機は、持ち分法適用関連会社のアドテックエンジニアリングに対してTOB(株式公開買い付け)を実施し同社を連結子会社とすることを決めた。現在の保有割合25.68%を63.67%まで引き上げる。取得価額は3億8100万円。上場廃止は企図していない。創業家一族と資産管理会社がTOBに応募する。

アドテックエンジニアリングは1983年設立で、超精密加工技術を活かしてフラットパネルディスプレイなどの製造工程で必要とされる露光装置・検査装置を製造するほか、プリント配線板メーカーなどに製造プロセスの問題解決を提案するソリューション型企業。ウシオ電機は2010年5月、自動露光装置事業で同社と資本業務提携し、今回、連結子会社とすることで、露光装置分野における連携をさらに強化することにした。

買付価格は1株あたり400円で、公表前営業日の終値310円に対して29.03%のプレミアムを加えた。買付予定数は95万4000株。上限・下限は設定せず、すべてを買い付ける。買付期間は2012年2月14日から3月12日までを予定している。決済の開始日は3月19日。

アドテックエンジニアリングは賛同の意見を表明している。

関連の記事

新型コロナをやっつける「深紫外線」応用製品急増の気配

新型コロナをやっつける「深紫外線」応用製品急増の気配

2020/06/05

新型コロナウイルスを不活化できる波長280ナノメートル以下の深紫外線を巡る動きが盛り上がってきた。壁や床、ドアノブなどの室内全体から、マスク、携帯電話などの小物に至るまで幅広い利用が見込める。

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

2018/01/25

旧村上ファンド勢力が日本の証券市場を再び震撼させている。「もの言う株主」として企業に大胆な提案を突きつけて最大限の利益を引き出す彼らを、人は「株主権利の守護者」とも「ハゲタカ」とも呼ぶ。その評価はさておき、彼らの「ビジネス」は成功するのか?

M&A速報検索

クリア