M&A速報

日機装<6376>、比表面積測定装置開発の日本ベルを子会社化

2011/11/02

日機装は、比表面積測定装置などを開発・製造・販売する日本ベル(大阪府豊中市。売上高14億4000万円、営業利益600万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

日機装は、粉粒体物性評価の主要ニーズである粒子径(粒度分布)測定分野で高い評価を得ている。一方、日本ベルは独自のガス吸着技術を活用し、比表面積測定においては国内でトップ企業。日機装は日本ベルを子会社化することにより、日本のみならず海外の粉粒体物性評価分野においても多くの相乗効果が期待できるとしている。

取得価額は非公表。取得日は2011年11月2日。

M&Aデータベース

関連の記事

新型コロナをやっつける「深紫外線」応用製品急増の気配

新型コロナをやっつける「深紫外線」応用製品急増の気配

2020/06/05

新型コロナウイルスを不活化できる波長280ナノメートル以下の深紫外線を巡る動きが盛り上がってきた。壁や床、ドアノブなどの室内全体から、マスク、携帯電話などの小物に至るまで幅広い利用が見込める。

M&A速報検索

クリア