“最大のM&A”劇…松本CEOの招聘

 M&A案件としてはジャパンフリトレーを除くと、目立つような事例はなく、件数も限られる。2006年にはコンビニ用菓子パン製造のタワーベーカリー(埼玉県越谷市)の株式80%を取得して子会社した。最近では2014年、水産加工品、農産加工品製造のカルビー食品(広島県廿日市市)を吸収合併している。

「カルビーにとって最大のM&Aは松本氏を招聘したことだ」。松本晃氏は2009年にカルビーの会長兼CEOに就任したが、元々、伊藤忠商事出身で、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人の経営トップを15年間務め、前年から社外取締役に就いていた。いわゆる“プロ経営者”の起用は、ヒト版のM&Aというわけだ。社長には生え抜きの伊藤秀二氏が就任し、経営から創業家は離れることになった。

 松本氏がまず主導したのがペプシコとの戦略的な資本・業務提携であり、株式上場(2011年3月、東証1部に上場)に向けた体制整備だった。

 カルビーは1949年、広島市で松尾糧食工業として設立した。現社名のカルビーは、戦後の日本人の不足していたカルシウムの「カル」とビタミンB1の「ビー」に由来する。1964年、瀬戸内海の小海老を原料とする「かっぱえびせん」が大ヒットし、全国区の企業に躍進。1973年に東京に本社を移した。

 業容拡大が続いてきたが、2000年代に入ると少子・高齢化の進展や長引くデフレなどで停滞感が見え始めていた。そうした中、海外事業の推進など新たな成長戦略を託されたのが松本氏だった。

世界で戦える企業へ  M&Aも視野に?

 2009年3月期と直近の2017年3月期を比べてみよう。売上高は2倍近く伸び、このうち海外分は5倍に拡大した。この間、ポテトチップスのシェアは57%から72%に高まり、シリアル食品「フルグラ」は20数億円から300億円規模と経営の柱に成長した。「フルグラ」は麦を原料にドライフルーツを加え、コーンとは異なる食感が支持を集めており、シリアル食品で4割程度の高シェアを持つ。

 松本会長(70)と伊藤社長(60)のコンビ誕生から9年、一貫して成長路線を堅持してきた。世界で戦える企業、世界で伸びる企業を目指すうえでは、これまで手控えてきた感のあるM&Aも視野に入ってこよう。

〇株主構成(2017年9月末現在)

株主保有株式千株保有割合%
1 FRITO-LAY GLOBAL INVESTMENTS B 26,800 20.02
2 (社)幹の会 22,890 17.1
3 ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニー 5,402 4.04
4 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)    2,856 2.13
5 日本マスタートラスト信託銀行(信託口)    2,588 1.93
6 カルビー従業員持株会    2,412 1.8
7 鳥越製粉(株)    1,936 1.45
8 The Bank of New York Mellon SA    1,936 1.45
9 資産管理サービス信託銀行(証券投資信託口)    1,801 1.35
10 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口5)    1,725 1.29
その他   63,520 47.44
  合計 133,866 100    

文:M&A Online編集部

この記事は企業の有価証券報告書などの開示資料、また各種報道などを基に、専門家の見解によってまとめています。