カルビーは、フィリピンでスナック菓子を製造する連結子会社Calbee-URC, Inc.(ケソン。売上高4億5000万円、最終利益△1億9000万円、純資産7億3600万円)の全株式(所有割合50%)を、合弁相手である同国Universal Robina Corporation(URC、マニラ)に譲渡することを決めた。

カルビーは2014年5月にフィリピン市場への参入を目的に現地スナック菓子メーカーのURCと合弁でCalbee-URCを設立し、カルビー主導で運営してきた。しかし、業績が伸び悩んでいることなどから、パートナーのURCに所有株式を譲渡し、合弁契約を解消することにした。ただ、合弁契約解消後もURCにライセンスを供与し、カルビーブランドの商品の製造・販売を継続することで合意している。

譲渡価額は約3億5000万円。譲渡予定日は2018年9月30日。