【ヨネックス】「大坂なおみ」効果だけではない独自の強みを発揮

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

関連年表

ヨネックスの沿革
1946 米山稔氏が漁業用木製浮きの製造を主とする「米山木工所」を新潟県で創業。
1957 バドミントン用ラケットへと製造品目を転換。
1958 株式会社に改組、米山製作所に社名を変更。
1963 貿易部門として、株式会社ヨネヤマスポーツを設立。
1967 社名を株式会社ヨネヤマラケットに改称。
1969 アルミ製テニスラケットの製造を開始。
1973 コーポレートカラーに青と緑を採用。今日まで続く基幹ブランドカラーとなる。
1974 社名をヨネックススポーツに変更。これに伴い、ヨネヤマスポーツをヨネックス貿易に社名変更。
1982 社名を現在のヨネックスに改称。ゴルフ市場に再参入。
1990 本社を新潟から東京へ移転。ヨネックス貿易をヨネックスに吸収合併
1994 東京証券取引所市場第2部に新規上場。
1995 スノーボード市場に参入。
2000 ウォーキングシューズ市場に参入。
2011 フットボールウェア市場に参入。
2014 スポーツサイクル市場に参入。
2015 海外現地法人ヨネックス(上海)ゴルフ貿易有限公司をヨネックス(上海)スポーツ用品有限公司に名称変更。中国にてバドミントン並びにテニス用品を含めたスポーツ用具用品全般の取り扱いを開始。米山勉氏が会長に就任。林田草樹氏が4代目社長に就任。米山稔(現ファウンダー)が「世界バドミントン連盟会長賞」を受賞
2016 テニス世界四大大会オーストラリアンオープンで日本ブランド初のオフィシャルストリンガーを務める。東京オフィス開設。
2018 ストリングマシンメーカーである東洋造機株式会社の株式51%を取得。東洋造機を連結子会社化。
2019 東洋造機株式会社株式の残り49%を取得し、東洋造機を完全子会社化する予定。

文:M&A Online編集部

この記事は企業の有価証券報告書などの公開資料、また各種報道などをもとにまとめています。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【BNPパリバ】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<6>

【BNPパリバ】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<6>

2018-04-15

外資系金融機関を知るシリーズの第6回はフランス発祥の世界的な金融グループの「BNPパリバ」。ユーロ圏はもちろん、米国、アジアでもその地位を確立しています。日本での歴史は幕末にさかのぼります。世界屈指のテニススポンサーとしてもおなじみですね。